忍者ブログ

2019-03-20 22:41

愛が死ぬのは君のせい 23話 感想ネタバレあり

めっちゃよかったあああああああ!!!!!
もうキュンキュンと切なさが止まらない23話!!!!
ネタバレ含みますので注意してください↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
























あああ
すっっっっごくよかった!23話!!!!
もう、一墨も愛生もすごくいい!!!大好きだ〜〜〜〜!!!
なんてかわいくて、いじらしくて、一途で、ピュアで、でもちょっと意地っ張りで、明るくて
素敵な二人なの!!!
幼なじみの空気感の良さも出てるし、だけど恋人になる瞬間っていうのもあって
もうほんとによかった!
これまでの伏線とかも生きたすごく素敵な回でした!!!

小学生の意地っ張りクールで理屈っぽくてこじらせ気味だった一墨の性格はそのまんまに
「ワルツのことがなかった」一墨として成長した
中学生一墨。
も〜〜〜これがまたキュンキュンきた。

恋をして声変わりもしてる男っぽさと、少年をひきずったような幼さも相まって
でも相手に気持ちを伝える真剣さも持ち合わせていて
すごくいい男になったなああ、と。



最高だよ〜〜〜〜!

で、受け答えをする愛生もすごく真摯で、でも二人の幼なじみとして育ってきた場合の空気っていうのも出ていて
二人のやり取りが漫才みたいでおもしろかった。
ああ、すごくかわいい。
かわいい二人。
かっこいい二人。

こういう二人が見たかったんだよ〜〜〜!!!



こんな一墨なんて信じられないし。
でも、隠してた本当の一墨ってこういう男なんだよね。実は。
1巻でワルツが一墨の「好き」をぶつけられた時に見えた世界は、すごくキラキラして
愛生のことも可愛く見えていて。
これが、一墨なんだよなあ。


秘密基地のシーンは、もうこれ以上のネタバレはしたくないwぜひ流れで今までの二人を踏まえた上で
実際に読んでみてほしい。すごくいいです。


でもこれ以上に胸にささったというか、もう切なくてぐっときたのって実はこの後のシーン。
心音の視点に移るんだけど、彼女が一墨を好きになった理由と瞬間が書かれてる。
これ読んで、心音は心音で一墨のことをちゃんと見てたんだって思いました。
ただ見た目がかっこいいから、とかそんな軽い理由で好きになったんじゃない。
彼女は彼女で一墨でなければならなかった理由がちゃんとあったんだ
っていうすごい展開になってきます。
そしてそれは彼女のアイデンティティに関わっている。
これ感心した。
やっぱ桃鉄コンビのストーリーというか人物描写は深い。

で、ここで見えるのが、ワルツの事があった現実世界での一墨という男のことなんだけど
「実はこんな風にしたかった秘密基地の一墨」
とのギャップがすごくて
でもそのギャップこそが
どれだけ愛生を大事に思っているか
どれだけ愛しているか
がうかがい知れるんです。

もうすごく切なかった。そして一墨の愛ってのがいかに深くて
一途で重いかっていうのを
言葉でもなくセリフでもなく、心情にうったえかけてくるんだよね。

 一瞬見せた
 何も温度のない目
 この人は私と同じなんじゃないだろうか
 無難に人と付き合って

 でも本当は
 誰にも心の奥をのぞかせない

ワルツの事を思い出させないように自分を押し殺してきた一墨。
でも本当にしたかった事、愛生に伝えたかった事、どんな風に接したかったか
秘密基地でのちょっと積極的な一墨とは裏腹に
自分をおさえて、殺して、ただ愛生を守る為に。


もうね、泣けました。すごく。じわ〜〜っときた。
たぶん今のところ桃鉄コンビのマンガで、一墨が一番好きになったと思う。
これほど深くて一途な愛を見せてくれた男がいただろうか。

このマンガ、ほんとに、愛を描いてると思う。
一途で、ピュアな、ただ一人に向かう愛。
大好きです。






















PR

2019-03-11 03:52

愛が死ぬのは君のせい 22話 感想ネタバレあり

愛が死ぬのは君のせい 22話の感想です。
ネタバレありますのでいやな方はスルーしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





















22話、めっちゃよかった〜!!!
いいとこで終わってて早く続きが読みたすぎる!!!
次が休載なので待ち遠しいですね♥︎

とうとう告白のシーン、もう
すっごく嬉しくて、すっごく綺麗で、でも
すっっっごく切ないシーン。
なんかもう、この作者コンビって「好き」の幸せと同時に押し寄せる様々な感情を描くのがうますぎない?
菜の花の彼でもそうだったしさ〜。
なんかもう、純愛で、ピュアで、綺麗で、健気で、悲しくて、幸せで、一途で。
泣きたくなる。
てかちょっと泣いた。



小学生の一墨が、子供なのにめっちゃかっこよくて
でも子供で、でもちゃんと男の子として愛生を好きでさ。
その塩梅が絶妙なのよね〜〜〜
一墨はやっぱり恋心がこの小学生の時で止まってるんだ。
やり直したいんだ。
そう思いました。
でも愛生は全部を知ってて抱えてて、どうにもならない事も知ってる。
なんかもうピュアすぎて二人とも健気でさあ…。
相手を思いやってさ…。

で、やっぱり疑問がわくよね小学生一墨としては。
「なんで俺、愛生のこと振ったんだ?」
って。

その疑問と疑惑と懸念が、一気に一墨を中学生まで押し上げた。成長させた。
たぶん、なんで振ったんだ?っていう謎を知りたくて。
将来の俺は何を考えてたんだよ?!っていう憤りで成長した。

この中学生一墨もこれまたイケメンでさ〜〜〜♥︎
今ほど男っぽくなくてちょっとだけ幼さも残ってるような感じ。
しかも学ランじゃん!いいじゃん!



美少年ですわ。
この、中学生の一墨ってのが愛生とまったく接点なかったはずだから(愛生を守る為に距離をおいてたから)
本当は一墨は何を考えて、どんな風に愛生を想っていたのか知りたいじゃない!!!
そういう続きでしょ?この先って!!!
めっちゃいいとこで切るじゃん!!!!!!(怒)

も〜はやく続きが読みたいです。
はよはよ!!!
中学生の一墨は、きっと小学生の頃より「男」になってる。
今まで言えなかった愛生への想いを口にしてほしいです。
お願い!

2019-03-11 03:38

愛が死ぬのは君のせい 20話、21話 感想ネタバレあり

愛が死ぬのは君のせい、20話21話まとめての感想です。
ネタバレありますのでいやな方はスルーして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





















すごく切ない展開からの、意外な希望につながりました!

ところでこの作品、19話からずっと1話のページ数が増えてます。普通は25pなんだけど31pになってる。これを月2回の発刊で、このクオリティは正直すごい。
画面がほんとに手抜きいっさい無し、背景はもちろん動きも多く、細かいコマと大きいコマのメリハリもありますし
読む方は嬉しいですが忙しすぎないかな、大丈夫か心配になりますw

20話は然、白い人、ワルツの意見が交差するのが見物でした。
然は人間としての価値観で話しているんだけど、この然ならではの生死感っていうのかな、
それがとってもあたたかくていいですね。
ああ、そうだよなあ…人ってそうだ、と改めて気がつかされました。



ワルツと白い人は自分の名前も持たない、繁殖に関してもちょっと特殊な生態なので
死生観が人間とまったく違う。
この辺はまだ触りだけで詳しいエピは出てきてないのですが、なんだか悲しい存在のように感じます。とくにワルツ。
エネルギー源として搾取されているのはワルツの方じゃないのかな。
白い人はこの人間の中では然と一番接近していて、然にだけ話したり意見を聞いたりしている。主人公じゃないんですね。
これが面白いところ。
主人公と一墨はいわゆる純愛を貫いている同士で、然は部外者。
この部外者である然と意見を交わして、愛生と一墨を観察しながら見解を深めていくというスタンスなんですよね。
今回、かなり然に感化されてきてるように感じました。
一方ワルツはまったくそんな感じはしない。

そして小さくなった小学生一墨が登場!めっちゃかわいい!
これ多分、霊体みたいな感じになってるんだと思うけど
この秘密基地から出られない、という事は
地縛霊みたいになってるのかも。
つまり、一墨はこの秘密基地ですごした時間から動けない。深層心理で動きたくないんだと思うんです。
ワルツが来てしまったせいで愛生と離れていた時間を、やりなおしたいんじゃないのかな。
だからこの場所にきた。
子供の姿の、告白された時点に戻ってきた。





そんでこの子供一墨がすっごいツンデレなんだな〜〜〜www
ちょっと子供扱いする愛生に対して対等であろうとしてる感じがなんともw
二人の会話がかわいくて面白い。
ああ、幼なじみなんだなあって感じられます♥︎



今まで緊張感あふれる展開だったので、ここにきて夢みたいな幼なじみのほのぼのムードがありつつも
どこか切なさが漂う二人だけの秘密基地。
とても大切な時間をやりなおしている二人。
なんとも胸にぐっときます。

愛生が絶望の中から一墨の声を聞いて、自分のかつての姿に導かれるように秘密基地へ走っていく20話のシーンは
臨場感があってすごくいい。
そして、触れることができない一墨に手を伸ばし、異次元に繋がる21話も
説明せず動きで見せる画面になってます。
白い人を掴むことができるようになった愛生が、ここで一墨を現世にとどまらせる事ができたわけですね。この能力のおかげで。
これ是非、実際に読んで、画面を見てほしいですね。とっても映画的です。

2018-12-22 04:54

愛が死ぬのは君のせい 18話19話感想 ネタバレあり

愛が死ぬのは君のせい 18話19話の感想です。
ネタバレ含みますのでいやな方はスルーしてください。























18話、今回はもう切なかったですね〜〜!!!!!
キュンキュンしっぱなしでした。
なんていうか、人が人を好きになる時の切なさ、どうしようもなく溢れてくる気持ち、だけどそれが自分では何かわからない感じの
この青い酸っぱい甘さっていうんですか?
こういう心理描写と絵、ほんっっっと上手い!
菜の花の彼でも2巻や4巻や7巻や13巻で見せてくれた雰囲気なんですが
たまらないですね!
やっぱりこういう、不器用な気持ちの表現すごく上手いし十八番だと思います。このコンビの。

子供の時の一墨の気持ちがよくわかったけど
まだ明らかにされていないのは、一墨がヒミツを一人で抱えていた6年間。この時のも今回みたいにいつか明かされるといいなあと思っています。
てかすごく読みたい!



イケメンのチビ一墨をどうぞ♥︎


この高まりを誰かつぶやいていないか〜?とブログやツイッターの感想を遅まきながら漁っていたら、すごく共感する事を言ってらした方がいたのでご紹介。

これ、18話の一墨が愛生を好きだと自覚した瞬間にワルツがやってきた時の
あの一瞬のシーンの描写のことを言ってらっしゃるんですけど、
本当にうんうんと頷いてしまいました。
これは是非マンガで読んでいただきたいです。


そして19話。


ワルツが再登場〜〜〜〜!!!!!!!


いや〜〜この回はすっごく盛りだくさんでした。
まず心音の恋心の真相みたいなのが垣間見えて。
愛生の能力が発動し。
ワルツが再登場!
そして一墨が消えてしまった…。

心音は本当に一墨が好きなわけではなくて、モテる男子の彼女になりたい
って感じなのかもしれない。
これが中身ワルツになっちゃったら、今まで気を使って優しくしてくれてた一墨はいなくなって
愛生が大好きなあけすけの口の悪い男になるわけですよね。
そしたら心音は今までの通り好きでいられるのか?
そこで本当に好きとはどういうことか考えるのかもしれない…。

そんで愛生の特殊能力発動!
これはワルツが入ってた事でそっちの生態と同化しちゃった部分があるってことなのかな。
右手だけにワルツが残ってたとき、愛生は右手が力持ちになっていた。
で、今回はワルツが入って自分を分け与えて生き返らせたくらいだから、
これまでとは桁違いの影響があったっておかしくない。
ワルツと白い人は次元をずらしたりする事ができる。
だから愛生も違う次元のものが見えて掴めるようになったと予想しています。

しかしほんとワルツが出てくるとがらっと読み味が変わりますな。
これまで2巻3巻と一墨の苦しみが中心に描かれてきたけど
こっから一墨が消えてしまったとしたらどうなるんだろう?



久しぶりに出てきたワルツはウキウキでもう愛生が好きなことを隠してもいない。
これだと周囲に知られるのも時間の問題でしょうな…波乱の予感。


でもワルツのこの気持ちがはたして愛なのかどうか。
一墨の愛は消えてしまったのか。
なによりこれから愛生が、そしてワルツがどういう動きをするのか。
ぜんぜん想像がつかないです!

となると校外学習に行くのは一墨じゃなくてワルツってことになるんだね!!!!!



2018-11-22 11:01

愛が死ぬのは君のせい 16話17話感想 ネタバレあり

愛が死ぬのは君のせい 16話17話の感想です。
ネタバレ含みますのでいやな方はスルーしてください。





















愛生と然は本来、明るくて前向きなんだなって改めて感じました!
とくに愛生はここんとこ「今の過去を忘れてしまった一墨は、私の知ってる一墨じゃないのかも」
とセンチメンタルに悩んでいましたが、そんなぐちぐち悩み続ける事ができる愛生じゃなかったw
いいな、こういう強いメンタル。
何があっても好きは好き。
だから今できることをやる。
そういうキャラだったんですよね、最初から愛生って。
そういう風にもっていってくれたのは、他ならぬ然なわけで。

 お前が一人になろうとすると、残される方も一人になっちまうの

も〜〜〜すっげえ良い男じゃん然!かっこいい。きゅんときた。
話すと三枚目ですしふざけてるけど、ちゃんと見れば一墨にまけないくらいイケメンなんですよね。背も高いし。
彼、もてるよ実際いたら。包容力あるもん。
然と愛生はどんどん仲良くなって、うちとけていってる。愛生にとってはもうなくてはならないバディになってきた。
でも16話でちょっと然の方に恋心が芽生えはじめたかなって感じがしますね!
二人の関係こそくだけていて、こっちが幼なじみかもしくはケンカップルみたいに見えてしまう。

一方その頃の一墨さん…切ない…。
扉ではあいかわらず色気をふりまいている彼ですが



どんどん深刻な状態になっていってる。
彼の中から消えて「愛」
もしくは愛生を好きだという心。
それがなくなっただけでここまで苦しむくらい、愛生を守ることが彼のすべてだったんだ。



2巻からだんだん一墨視点も増えてきて、せつなさがどんどん増しています。
愛生と然が仲良くなっていくから余計にね。
でも一墨って、愛生の前だとちょっとわがままなんですねw
というか、素が出てる感じがする。いつもの品行方正な姿じゃない。
ずっと素の自分を見せられるのは愛生の前だけだったのかも。
一墨の愛ってものすごく重い。でもってものすごく深い。そしてかなり独占欲強そうよね。
一墨と愛生は真逆のキャラで、だからこそ引かれ合うのかもしれない。
愛生と然は同じタイプなんだけどね。
そんでもって一墨みたいな男が、気持ちと折り合いつかなくて苦しんで悶えてるのって
なんでこんなに色っぽいんだろう…。萌える…。
彼はとっても苦しんでいるというのに…。
ほんとイケメンは正義だな。

で、この話の後半とラストがすっっごい引き。これは続きが気になるだろ〜〜〜〜!!!!
これで引っ張って次回休みってドSだな!

続きの予想とか個人的にいろいろしてるんだけど、この今の流れもかなり驚きがあった。
やっぱこういう話の流れ、うまいよなあ。
ぐっと掴まれるもん、退屈がない。
これはもうさ、今後盛り上がるしかない展開じゃないの??
個人的にはとうとうワルツが出てくるんじゃないかって思ってるんだけど、どうなるんだろうな〜。

続きが楽しみです!!!










カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード