忍者ブログ

2013-06-24 22:49

最終回をむかえました

4月期、ドラマほとんど終わりましたね。
個人的に面白い順にならべると

★★★★★ 家族ゲーム=空飛ぶ広報室
★★★★  ラストシンデレラ>あまちゃん
★★★   幽かな彼女>みんな!エスパーだよ
★★    雲の階段>鴨、京都へいく>ガリレオ
★     take5>お天気お姉さん>35才の高校生

ほとんど前回と変わらず。

空飛ぶはもうちょっと震災の時のことをがっつりやると思ってたので、すべて回想や会話で語られるだけで終わったのが残念。
でもハッピーエンドで良かったです。
キャラクターも良かったし。
綾野さんは自衛隊にしては体つきがやっぱり華奢すぎる気がする。
報道のありかた、自衛隊のありかた、いろんな仕事に対する意識を改めて感じさせられました。
みんな自分の仕事に迷いながら、こんな事をしていていいのか、こんな事しかできないのかって思いながら
葛藤の中でがんばっているんですよね。
その姿がとても爽やかで良かったです。元気をもらえました。
余談になるけど、ドラマの中で東北の仮設住宅(公民館かな?)で皆が作業してる部屋においてある本棚に
私の大好きなマンガ、ハツカレが全巻そろっていました!感動!
あの癒し系ほのぼのマンガが皆さんの息抜きとして活躍していたのでしょうか。
でもまあいろんなドラマの小道具としてハツカレ、悪ラブはよく見るんですけどね。

あまちゃんは今日からアイドル編。
今までに無い切り口と見せ方で、これかなり朝ドラとしては革新的なんじゃないでしょうか。
朝ドラをぶっ壊すと言っていた純と愛より、すっごく冒険している気がします。
しかし面白い…というか

芸能界、こわっ!!!!!w

東京に来たとたん「大勢の中の一人」として扱われる事
はっきり「今のお前はこのくらいの価値」と知らしめられる事
いきなり他人行儀になって冷たい事
たくさんのライバル、仲良くしていてもどこか牽制し合っている人間関係
ついていけない内輪のノリ(これは田舎でも同じですが)
色んな面でうちのめされるアキと同じ気持ちになりながらもwなんだか笑ってしまいました。
相当おもしろいよ、これ!そして
リアルとコメディのバランスがすごくいい。
今後アキは、そしておいて行かれたユイちゃんは、ヒロシはどうなるのだろう…
先がまったくよめません!
PR

2013-06-21 22:00

ドラマ最終回ぞくぞく

最終回をぞくぞくと迎えています。
最後まで見た結果として面白い順にならべると(終わってないのもありますが)


★★★★★ 家族ゲーム>空飛ぶ広報室
★★★★  ラストシンデレラ>あまちゃん
★★★   幽かな彼女>みんな!エスパーだよ
★★    雲の階段>鴨、京都へいく>ガリレオ
★     take5>お天気お姉さん>35才の高校生

こんな感じ。
家族ゲームはラストの吉本先生の涙がすごく良かった。
「あんたのせいだ」「○○もあんたのせいだ」ずっと悪く言われている事に対して
目を背けずまっすぐ見ていた先生。でも
「家族に 絆ができました」
そのたった一言で初めて涙を一筋だけ流した。表情も変えず。
そして最後にちょっとだけ、ほんのちょっとだけ笑った。
たまらん!!!!
もうぎゅーっときてしまいました。
途中でいろいろ思ったけど、この吉本先生のキャラは櫻井さんが作ったものなんだなあ。
他の誰にもできない、このキャラだけのものです。
エンディングのあとに、多角面から物事を見て疑ってみる長男に対して「いいねえ」
これもまた長男の成長を喜ぶ一言だったのでしょう。
ラストまでどうなるか分からない面白い作品でした。

空飛ぶはまだ最終回を残してるけど、相当面白い。
ラストの震災をどう描くかで変わるでしょうけど、ここまでは途中のダレ感がもったいないくらい
よく出来ています。稲葉と空井さんのカップルのあり方もいいし
自衛隊をおしつけがましくなく知れたのもいいし
難しい題材をきちんと楽しいエンタメに作れた原作者の力量と、ドラマ班の底力は素晴らしい!
最終回次第で今期1番になるかも。

ラストシンデレラは話自体は王道というか、少女マンガ的にありきたりで
目新しさはまったくなかった。
でも篠原涼子さんや三浦春馬さん、演じている役者の魅力がすさまじかった。
最初は主人公は相当うざかったし下品だったけど、見ているうちに好きになりました。
ラスト含めてベッタベタな甘いドラマで、でもそれだけじゃなくて
会話ややり取り自体がコメディでテンポよく面白かった。

雲の階段は悲しいラストだったなあ…
原作、韓国ドラマ版、そしてこの現代版
それぞれ違うラストなんですね。
でもこのラストは今の時代に合っているような気がする。
主人公が最後刺されて死んでしまうのは、振り返れば奴がいるとか
マンガのバナナフィッシュを思い出しますが、けっこう引きずるんですよねー
でもこのドラマは一貫して「女は強い」ってことを表現していたように思う。
男の方がレモンを失った時にもろいのかもしれません。

2013-06-14 12:06

それぞれドラマ最終回近く

ドラマがそれぞれ最終回を迎えようとしていたり、迎えたりしています。
ここにきて面白い順に並べると

★★★★★ 家族ゲーム>あまちゃん
★★★★  空飛ぶ広報室>>ラストシンデレラ>雲の階段
★★★   幽かな彼女>みんな!エスパーだよ
★★    鴨、京都へいく>ガリレオ
★     take5>お天気お姉さん>35才の高校生

てな感じでしょうか。

家族ゲームは本当に先がよめなくて怒濤の展開。それに櫻井さんの演技がいい。
周りをかためる役者さん達もそれぞれの役に合っています。とくに神木くん。そして以外に板尾さんのお父さんもすっごくうまい。
ふだん適当にしてる感じをかもしつつ、実はすごいプライド高くて、仕事場ではエゴをむき出し。家に帰ると適当にへらへら生きてる。でもいざという時に爆発する、鬱屈したものを抱えてる…
板尾さんってどこか狂気じみてるけど普段はヘラヘラしてる人間がうまいですね。
脚本と演技の相互作用がうまくいってる感じ。

あまちゃんはここにきて、主人公がふわふわしすぎでどうしたいのやら…
でも可愛いんですよね〜。
そして周りの人達ですけど、田舎特有の感じが上手く出てる。人情ばかりの綺麗事で済まさず、出て行く者に対しての風当たりの冷たさ、ここに抱え込んでしまおうとする勝手さ、
でも有名になったら自慢しちゃうあたりの変わり身と調子の良さ。
すべてがきちんと描かれていて感心します。
そんな中で夏ばっぱだけが「去る者は追わずくるものは拒まず」を貫いていて
ある意味、浮いた存在なのかもしれません。
でも海女を目指していた頃よりアイドル目指してる今の方がどうでもよくなってる感じはするな…

雲の階段は失速。
やはり緊張したまま必死にテンパりながらやる手術シーンが見所だったので
それがなくなるとつまらなくなった。それにもう後はおりるだけなんだと思うと、悲しいですし。
しかし、どうせ落ちるならもっと高いところから、っていう主人公の気持ちはよく分かります。
そこまで高みにいけるでしょうか。いやもう転落は始まっちゃったんだけどね。

鴨はここまできても、現在の考え方の良さが取り入れられないのね〜
京都の古い考え方を継続しつつも、割の合わなさ赤字の多さを現代の考え方で補填していく
二つの価値観の融合がテーマだと思ってただけに肩すかし。
結局、若おかみの奮闘日記みたいな内容になってしまいました。
つっこまないままの昼ドラテイストなんだよね。

35歳の高校生はいろいろと共感できない。
問題提起にしても中途半端な感じだし、なんなの牢屋って。
なんかもうちょっとこう、桐島部活やめるってよみたいな、リアルな感情の機微とか
友達関係の空気の変化を、生活感あふれる会話で表現してくれたら
スクールカーストだって設定として生きてくるだろうに。
ずっと悪い意味でマンガというか舞台的というか、わざとらしい説明セリフの応酬に終わってる。
そこに生徒がいないみたいです。どんな感動セリフも薄っぺらく聞こえる。

広報室はいよいよ震災になっていくのかな。
ここまで稲ぴょんと空井さんの成長がすごくいい。
お互いに影響し合って考え方も変わって仕事に前向きな感じがすごく気持ちいいです。
これ15%くらいとってもおかしくないのにな。
やはり裏に強い番組が多いからか…
火曜日か木曜日にやれば良かったのですよ。

エスパーは最初の3話くらいまでの弾けまくった感じがうすれてシリアス一辺倒になりました。
それから個人的にあまり楽しめないかな。
すごい力をうまく活用せずエロばかりに使うアホな青春
それが面白かったのに、先輩以降新キャラが出てもいまいち個性も強くなく。
笑うところも少なくてだらっとした印象をうけます。
こうなるとすごく厨二の良くない感じの面が出てる気がする。

2013-05-13 03:09

ドラマ中間

ドラマそれぞれ5〜6話をむかえています。
今のところ面白い順にならべると

★★★★★ みんな!エスパーだよ>雲の階段>家族ゲーム>あまちゃん
★★★★  鴨、京都へいく>空飛ぶ広報室>>ラストシンデレラ
★★★   幽かな彼女>take5
★★    お天気お姉さん
★     ガリレオ>35才の高校生

てな感じです。
間違われちゃった男、第二楽章、ダブルスは見なくなりました。
ダブルスは本当につまらないなあ。設定はいいはずなのに、二人のかけあいが面白くなくてキャラが活きてない感じがします。

みんな!エスパーだよは3話が素晴らしすぎて、そのあとは失速してる感じがする。
ちょっとシリアステイストになってきたからもあるけど、なんか展開がだらっとしてるんだよなあ。

雲の階段、家族ゲームは本当に先が気になる。どうなるかぜんぜん読めない。
それぞれ主役の役者さんも役にはまってる気がします。
どちらも脚本の力というか、話自体の面白さが一番の理由ですが
それに加えて主人公の演技がハマってるというのは、大きな魅力の一つになっています。
雲の階段は長谷川さんが「僕なんか」とうつむいてぼそぼそしゃべって
まるでエヴァンゲリオンの初期シンジのようなんですが
手術の時だけ覚醒してすごい必死になりながらも成功してしまうのが気持ちいい。
あの手術シーンはありそうでなかった演技ですよ。
今までの医者ものって、スーパードクターが落ち着いて神業を披露する手術シーンばかりで
あんなにテンパって必死で、でも情熱的で、ちょっと神がかってるような手術の仕方は見た事が無い。
あのシーンが毎回入ってるのが楽しみで仕方ない。

家族ゲームも何が目的なのか分からないままなんですが、普通ここまで隠したまま引っ張られると
興味を失ってしまいそうなもんだけど
何故かずっとダウンしないんですよね、面白さが。
だれないし、爽快感もあるし、解決の仕方が極端で「これもありだな」と思わせる。

あまちゃんはウニがとれるまでは良かったんですが、潜水土木課に入ってからいまいち。
というかなんでこんなに全員ぼそぼそしゃべるんでしょうか。
かなり聞き取りにくいレベル。いつもボリュームあげるもん。
とくにユイちゃんのしゃべり方がどうにも好きになれない。というか聞こえない。

鴨、京都へいくはどんどん面白くなる。
まだ古い考え方が素晴らしいの一辺倒で、今の考え方の良さを取り入れてないのが気になるけど
いずれ融合していくと思いたい。

空飛ぶ広報室はちょっと退屈になってきたなあ。
ガッキーがデレたのが早かったのもあるのかな?
緊迫感がもうちょっと欲しい。

35歳の高校生はぜんぜん共感するところがない。イライラするだけで
解決の仕方も納得できない。
結局のところ設定を変わったものにしても、最後に主人公が説教してみんなが改心する?的な
オーソドックスな流れにしかなってない。

2013-04-28 17:59

ドラマ3話まで

それぞれ2〜3話まで進んできました4月ドラマ。
今のところ面白い順にならべると

★★★★★ みんな!エスパーだよ>あまちゃん>家族ゲーム>空飛ぶ広報室
★★★★  35才の高校生>ラストシンデレラ
★★★   幽かな彼女>鴨、京都へいく>雲の階段>take5
★★    お天気お姉さん>ガリレオ>ダブルス
★     間違われちゃった男>第二楽章

てな感じです。★1は視聴をやめました。
今期は面白いのが多い!!!
ダークホースは間違いなく、みんな!エスパーだよ ですね。
いいわーこのバカバカしさ、エロさ、役者の真剣さ、あつい魂。
これDVD買います。

てれび東京の深夜ドラマは本当に良枠。素晴らしい斬新なドラマをたくさん出してる。
そして評価され、映画で好成績をおさめたり、
本当にいい意味で実験できてるし新しいことに挑戦してると思う。
勇者ヨシヒコ、鈴木先生、モテキ、
そしてこのエスパー。
なんかマンガ原作が多いですが、そういう事ではなく演出や起用する役者がほんっとにいいんですよ。バーターのにおいがしない。作品のために役者がいる感じ。
監督もみんな冒険してる感じ。


あまちゃんも高安定。
とりあえず海女入門編が終わったので、これからどうなるか見物です。

今期はイジメものが多いのも特徴ですが、中で一番いいのは
家族ゲームですね。演出の面白さ、セリフ、キャラ、そしてカタルシス
すべて揃ってる。時間があっという間にすぎる。
次に35歳。1、2話はぜんぜん駄目だったし解決法もすっきりしないし
なんかテンポも悪かったけど
3話は良かったな。
エスパーも家族ゲームも3話が一番面白いってどういうこと。

幽かな彼女が一番きれいごとで終わらせているイジメものだと思いました。
教師の描写もなんとなくぬるい。
でも前田敦子さんはこういう今時の軽い役の方が合ってる気がします。
首がふらふら揺れるのもまだちょっと気になるけど、イケパラとかの頃に比べたらマシ。
声が裏返ってしまう不安定な発声もだいぶマシになった気がする。
でもこの人じゃないと駄目っていう個性は感じられない。

芸達者だと感じるのは
あまちゃんの宮本信子が別格、そしてダークホース、エスパーだよのヘンタイ榎本先輩を演じた
深見元喜。すごいなこの人。やりきってる。30台に見えないし。
新境地をひらいたと思うのは家族ゲームの櫻井翔、エスパーの夏帆。
35才の米倉涼子は安定です。

本当に今期は面白いのが多いなー!!

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

バーコード