忍者ブログ

2016-03-31 03:13

ドラマまとめ

すべて最終回をむかえました。録画をやっと見れた。
最終的に面白い順にならべると

★★★★★ ちかえもん
★★★★  私を離さないで>いつかこの恋を思い出して泣いてしまう>怪盗 山猫
★★★   フラジャイル>ヒガンバナ>ナオミとカナコ>あさが来た>火村英生の推理
★★    お義父さんと呼ばせて>ダメな私に恋してください
★     MARS
見るのをやめた…マネーの天使、白鳥麗子でございます、真田丸、スペシャリスト

こんな感じ。
今期は最終回がもやっとするものが多すぎ。
視聴者の想像にゆだねますみたいな終り方が非常に多くて、すっきりと終ることができませんでした。

フラジャイルは製薬会社の人の演技がヘタだったけど、最終回はがんばっていたと思う。
ストーリーもお約束の医療ものの定義からはずれることなくて、なんか一つ足りない感じはあったものの
最終回にむけてドラマチックにもりあがったと思う。
主人公がもっと性格悪くてひねくれててもっと天才的だったらアメドラのDr.ハウスのような面白さが出せたと思う。
そこまで病気が特殊でなかったので、新しく知る面白さに欠けたかなあ。
シリーズ化してもいい感じ。

ヒガンバナもシリーズ化していいと思ってたけど最終回にみんなおさまるところにおさまり
カップルが出来たりしてたので、もう続きはないかな。
ダイゴさんが雰囲気をぶちこわしていたことと、せっかくの相棒のような陰惨で暗い軸みたいなものを、女子たちのキャッキャが無駄に壊していた気がする。
でも主人公の謎が解明するまではほんとにおもしろかった。

ナオミとカナコ、私を離さないでが最終回もやっとシリーズ。火村シリーズと、山猫も最終回もやっとだったな。
どれも本当のことは視聴者の想像におまかせ!みたいな感じがとてもいや。
とくにナオミとカナコ。
途中までは面白かったのに最後のまとめ方が…
私を離さないでは特殊な設定をうまく作ったと思う。クローンと奴隷とかブラック企業に働く人とかいろんなものに置き換えると、今も同じことを人間はしているんだと感じる。
クローンを家畜のように扱うことが幸せなのか
一人の人間として扱い、でも最後まで生かすのではなくただちょっと長く生きながらえるだけという限界がありつつも尊厳を認める制度にするのが幸せなのか。
どちらもきっと正しくない。
やるなら臓器だけを作るようにしないとダメなんじゃないかなあ。
いろいろと考える事が多かったドラマでした。

いつかこの恋を思い出して〜は嫌いじゃない雰囲気だったんだけど、あまりにもみんなが貧乏で底辺の暮らしをしていたため
恋愛よりもそっちの生活向上とかブラックな企業の方に目がいってしまって
主役二人の恋物語という印象ではなかったです。
でもストーリー自体は矢継ぎ早にいろんな事がおこって面白かった。
震災のトラウマとか、親がいない事とか、いろいろあったわりにいつの間にかキャラは克服していて
いつの間にか脇役の二人はカップルになっていて
いったいいつお前は元気になったんだ、いつ好きになったんだと疑問がふしぶしに残る事も多いし。
最終回一つ前で階段からおちて意識不明になってしまったにも関わらず、あっさり目を覚まし、何事もなかったように復活。
当て馬の男を諦めさせるための手紙を読ませるためのその読むきっかけをつくるための(わけわからないw)意識不明なら、他にも方法があったのではと思ったり。
かなり後半は雑だったと思います。

あさがきたも終わり近いなあ。
可もなく不可もなく普通にいい朝ドラだったと思う。
いろんなことが上手く行き過ぎとか、葛藤がないとか、あっさり事が進むとか、もしこれが夜のドラマや映画だったら大不評だと思いますけど
朝にちらっと見る15分のドラマとしてならこれが教科書なんだろうなあ。
むしろこの主人公はもともと恵まれた家の人で恵まれた環境に嫁いで、良い暮らしをしていた人なのだからこれでいいんだと思います。

山猫はなんだかんだで見れた。成宮くんは相棒の時もだったけど、実は犯人っていう役が多いですね。
これも続きがありますよ〜的な終り方でモヤモヤしましたが
主人公の過去が想像以上に暗くて重くて、ハードボイルドを感じました。


今期はちかえもんだけが飛び抜けて面白かった。
PR

2016-03-04 17:13

ドラマ終盤

ちかえもんが最終回。ほかは残すところ2〜3話。
現在のところ面白い順にならべると

★★★★★ ちかえもん>ヒガンバナ
★★★★  ナオミとカナコ>私を離さないで>いつかこの恋を思い出して泣いてしまう>あさが来た
★★★   フラジャイル>火村英生の推理
★★    怪盗 山猫>お義父さんと呼ばせて>ダメな私に恋してください
★     MARS
見るのをやめた…マネーの天使、白鳥麗子でございます、真田丸、スペシャリスト


ちかえもんの最終回は見応えがあった!
予想通りだなっていう部分と、そうきたか!っていう部分が両方あって
非常に暗い最終回ではあったけど「作家の業」というものに焦点をあてて
何が現実で何が虚構かわからない狭間に生きるような描写での最終回。やりおるな〜〜!!!
まさか万吉がそういうキャラだったとは…
こういうテクニックが効いたドラマっていうか、小技を使ってくるドラマ、これからも見たいです。
漫画や小説でもこんな小粋なストーリーなかなかないよ。
役者の力もあってとても素晴らしいものにしあがりました。NHKのこの木曜の時代劇はレベル高い。


ヒガンバナもどんどん面白くなる。
これ「相棒」女版って言っていいくらい雰囲気が似てますね。
決して明るい解決ばかりじゃない。事件そのものが憂鬱になるくらい暗くて重いものも多いんです。社会問題を切り込んでいる部分もあるし。
1時間の密度が濃い。
そして主人公達は決して正義をふりかざさない。けど芯はある。
登場人物みんな過去に暗いものを背負っている。
なんかちょっとひねくれてる。
暗くて悲しくてプロフェッショナルの美しい女達。
いらないのはダイゴさんだけ…(彼はどうしても演技力に難あり、しかもキャラにあってない)
これ是非、シリーズ化してほしい。続けるべきいい素材と設定。
役者がキャラに合っているし、何より堀北真希さんはこういったちょっとキツくてクールな役の方が絶対似合うと思うんですよね。
シリーズドラマ化していずれは映画化、に耐えうるコンテンツになると思うんです。
このまま終るのもったいない。

2016-02-29 16:56

ドラマ中間

ドラマもそれぞれ中間を超えようとしています。
今のところ面白い順にならべると

★★★★★ ちかえもん>>>私を離さないで>ナオミとカナコ
★★★★  フラジャイル>いつかこの恋を思い出して泣いてしまう>>ヒガンバナ>あさが来た
★★★   火村英生の推理>お義父さんと呼ばせて>ダメな私に恋してください
★★    怪盗 山猫
★     MARS
見るのをやめた…マネーの天使、白鳥麗子でございます、真田丸、スペシャリスト


ちかえもんは安定のコメディ時代劇。
主人公のヘタクソなカラオケ歌だけは聞いていてちょっと苦痛ですがwまあ時代劇らしく復讐劇とかお家騒動とか、ドロドロとした要素と展開も盛りだくさんなんだけど
主人公があまりにもダメっていうか「働きたくなあ〜〜〜い」「書けてなああ〜〜〜〜い」
というキャラなので復讐劇もゆるーく映ってしまうというw
本人達にしてみたら決してそんな事はないんですけどね。親も死んでるし。
抱えている問題がけっこう山積みなんですが、これらすべてが新作の浄瑠璃で解決してしまうんでしょうか。
たぶんあの若様と遊女をモデルにして話をつくり、死んだことにするんだろうなあ。で、心中物語が完成するという。
でも本人達は逃げてどこかで幸せに暮らす…というラストかなと予想しています。


私を離さないでは結構チャレンジしている作品だと思います。
クローンという設定だけでも結構な冒険だと思うけど、そこに焦点を当てるというよりは
人間としていかに生きるかというテーマに絞っているように見えます。だから見やすいのかも。
全体的に暗く、重く、すごく狭い世界の中で生きる若者たち。
閉鎖的な中で、まるで新興宗教の中で生きている若者のようにもうつります。
三浦春馬さんがあまりにもモテオーラを消し去っているのがすごい。やっぱ演技うまい。
脚本、役者、みんなが挑戦しているドラマだと思います。


ナオミとカナコは今いちばん先が楽しみかもしれない。
主人公の二人は殺人をするにはあまりにもつたなく、感情で生きていて、時には開放感からやばい時なのにも関わらず旅行にいったりするお馬鹿さん。
その危なっかしさから目がはなせない。
吉田サン演じるお姉さんがあまりにもキャリアウーマンで出来る人って感じで二人を追いつめて行くのですが
そっちが正義にも関わらず悪役に見えてしまう。
これ一応原作の最後を知ってるんですが、ドラマのラストはどうなるのでしょう?


フラジャイルはだんだん面白くなってきました。
でも大学病院の先生をアホに描き過ぎじゃないかな?
まあ病院ものってそうなりがちだけど…


いつかこの恋を思い出して〜は最初、あおくて切なくてきゅんとする、シリアスの恋愛ものだと思っていました。結構好きなタイプのドラマだったんです。
でも途中から介護の現場の問題点とか、会社のあり方とか、なんだか社会問題にクローズアップされてくる流れになってきたような…。
ときめきとか切なさとか、おおよそ人の気持ちの機微を描くというよりは
社会としての問題提起をしたいのかなっていう感じになってきて興ざめです。
求めてるのはそこじゃないのだがっていう。


ヒガンバナは思ったより展開が早くて、もう謎が解けてしまった。
その点は見やすくてストレスなくていいと思います。
でもなーダイゴさんがなー。役に合ってなさすぎる。
重い過去を背負い、トラウマを抱えて生きてきたようにはとても思えない。
あの役が少年時代にした事を思えばとてもヘラヘラ生きて来れるような感じではないはずなんですよ。
それくらい重い。自分のせいで人が一人死んでる。しかも助けてくれようとした人を。
そして守る為についた嘘の上塗りの数々…
ストーリーとしてはかなり見応えがありました。面白かった。
でも演じてる人がまずいよ。
あまりにも合ってない。ちょっともったいないなあ。
主人公の役作りは嫌いじゃない。真面目で、キツくて、まっすぐで、でも歪んでて。
せっかくヒガンバナなのにその他の女性刑事たちのキャラがもう少し強ければなあ。「きらきらひかる」くらい一人一人の役割分担がはっきりしてればよかったのに。


最近の朝が来たはちょっとダラっとしてるなあ。
話があまり進んでいないように感じる。
とくに山場とか盛り上がりもなく、いつのまにか事が解決して淡々とすぎていく、これでいいのか?
何がえがきたいのかわからなくなってきました。


火村先生は有栖川有栖らしいというか若干中二というか、見にくい。
ドラマにしてしまうとチープに感じる部分もあったりして。


おとうさんと呼ばせては意外と面白くなってきました。
ときめきとか恋愛のキュンがまったく皆無といっていいんだけど、どっちかっていうとおとうさん同士のやりとりとか女装とか
周りの人たち(親戚だのおじいちゃんだの息子だの)との関係の変化が面白くて。
なぜあの二人が恋におちたのか、どこがよかったのか
セリフで説明はあったけとまったくキュンともせず、そこに期待するのはやめました。
これは恋愛ドラマじゃない、年の差カップルの話でもない。
家族のドラマなんだと。
そしてわりと都合よく事がすすんでしまうコメディなんだとわりきれば結構面白いです。


怪盗山猫はちょっと叫び過ぎ、怒鳴り過ぎで見にくい。
キャラは嫌いじゃないけど、あんなにいちいち怒鳴らなきゃいけないのがわからない。
見ていて疲れてしまう。


こんな感じでしょうか。
なんとなくめちゃくちゃハマってるドラマは今回ないんだよなあ。
ときめき成分が全体的に足りません。








2016-02-19 18:40

ドラマ中盤

最近ほんっっとに忙しくて、録画が全部見れていないけどとりあえず。

★★★★★ ちかえもん>>>いつかこの恋を思い出して泣いてしまう>私を離さないで>ナオミとカナコ>あさが来た
★★★★  ヒガンバナ>フラジャイル>火村英生の推理>怪盗 山猫
★★★   お義父さんと呼ばせて
★★    MARS
★     
録画してあるけどまだ見ていない…ダメな私に恋してください
見るのをやめた…マネーの天使、白鳥麗子でございます、真田丸、スペシャリスト


ちかえもんは本当に面白いです。ふざけた感もあるところもなかなか。
そして時代劇にありがちな1話完結でだらーっと続くのではなく、なかなか謎をひっぱりドラマチックに進んで行く。
先が気になる作りにしているのもいいところ。


いつかこの恋をは月9にしちゃ映画のような作り方でしっとりと進んで、とてもいいと思います。
ただ設定が愛人の子だったり、親がいなくて親戚に育てられた子だったり、みんなの境遇がなかなか不幸てんこもりなのが気になるなあ…
それを活かしているような気がするようなしないような。
でも暗い雰囲気で重く真面目に進むラブストーリーは見応えがあります。せつなさもあるし。


私を離さないではものすごい設定(クローン)を脚本家がうまくまとめた感じ。
話だけならちょっとありえないというか、今の時代の倫理観として考えたら無理があるんだけど
それを叙情的なモノローグと雰囲気で、ストーリー展開よりも人の気持ちに重点をおいてすすめているから見れる。
脚本はあのごちそうさんとかとんびとか天皇の料理番を作った人なんで、実力的に当然の出来って感じですね。
美和がムカつく、でもこれも共依存だよなあ。

2016-02-01 03:29

ドラマ3話くらいまで

ドラマそれぞれ3話くらいまで終りました。
ですがまだ1話も見れず録画がたまってるものもあるんですね〜〜最近ちょっと仕事が忙しくて…
(裁判を傍聴し記事としておこす仕事が主、ですが地方紙のグルメ記事の仕事がちらほら増えて)
あと友人が学習系の雑誌の付録を作る仕事をしてるんですが、そのお手伝いで。
これ、子供目線にたつのに凄く科学的に考えられてて素晴らしいんです。
まあそれはこのブログでは詳しく書かないので、ドラマのこと。

★★★★★ ちかえもん>>ヒガンバナ>ナオミとカナコ>あさが来た
★★★★  フラジャイル>火村英生の推理>怪盗 山猫
★★★   お義父さんと呼ばせて
★★    
★     
録画してあるけどまだ見ていない…私を離さないで、ダメな私に恋してください、いつかこの恋を思い出して泣いてしまう、MARS
見るのをやめた…マネーの天使、白鳥麗子でございます、真田丸、スペシャリスト

恋愛系がまったく見れてない!
でもこういう系はある程度たまってから一気に見た方が面白い事が多いし。


ちかえもんは主人公の情けない感じが本当にいいですね〜!
「できてな〜〜〜〜い」「一行も書けてな〜〜〜い」っていう情けない声の出し方が素晴らしいです。
現代の歌を歌ったり、アニメを使ったり、パロディ感満載でふざけたところが多いですが
それが情けない主人公のキャラに合っていて面白い。


ヒガンバナは1話目がイマイチだったけど2話と3話がすごくよかった。
事件ものとして面白かったし、感情が動かされました。
出来る女の人たちが集まって事件解決、馴れ合いはしないっていうスタンスが昔やってた「きらきらひかる」というドラマを思い出します。
あれ好きだったなあ。


ナオミとカナコも2話からもうちょっとテンポよかったらいいのにと思いつつも、小さな一つ一つが伏線になっていそうで先が気になります。
これうまくいっても後味悪そう。でもうまくいってほしい。


フラジャイルも面白くなってきました。とはいえアメドラのDr.ハウスを超えるわけではないけど
それでも十分面白いです。

火村先生と怪盗山猫はいまいちになってきたかな。怪盗山猫はオンチに歌うシーンが長過ぎて聞きづらい。
感想らしい感想が全体的に書けなかった…時間がない…
とりあえずまだ全部は見れていないんだもんねえ。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード