忍者ブログ

2017-04-01 17:16

おわった。

1月期ドラマ終りました。外はすっかり春。桜もちらほら咲いて。
最終回まで見た上で面白い順にならべると

★★★★★ 嘘の戦争>カルテット>スーパーサラリーマン冴江内氏>おんな城主 直虎
★★★★  A LIFE ~愛しき人~>就活家族>東京タラレバ娘
★★★   大貧乏
★★    
★     嫌われる勇気>べっぴんさん
☆途中で見るのをやめた…突然ですが明日結婚します、増山超能力師事務所、下剋上受験、精霊の守り人、クズの本懐
☆最初から見ていない…幕末グルメ ブシメシ!、お母さん、娘をやめて...、三匹のおっさん3、レンタルの恋


あんまり順位変わらず。
嘘の戦争は本当に面白いドラマだった!最後まで視聴者をだまし、
詐欺師らしいまとめ方と終り方。気持ちよかった。
オーシャンズ11を思い出させるような構成とキャラクターでした。
草薙さんはこの役にとっても合っていたと思います。
何より脚本自体が面白いドラマだったなあ。
同じ状況、同じ気持ちにならないと、自分がどれだけの罪をおかしたのか
それが真に分かる事はない、という結論ですが本当にその通りだと思います。
詐欺師は詐欺師であって、決して人殺しにはならないところもいいですね。


カルテットはなんだかもやっとする終り方だったけど、これはこれで個性があった。
世間はすぐに騒いで、誤解も解けず、多くの人々にとっては愚かで馬鹿で悪人のままで終ってしまったけど
分かる人には分かってもらえるし、仲間もいる、居場所もある。
それが幸せ、ということなのかな。
最後のコンサートでもほとんどの人が期待した野次馬ワイドショー的なものとは違ったガチのコンサートにがっかりし帰ってしまった。
でもささいな音楽を楽しめた少ない人だけは残った。
音楽としても彼らは決して一流じゃない。
そんな寂しい大人達が寄り添ってくらす、会話劇の面白さだったなと思います。
舞台のような雰囲気がずっとありましたし。


スーパーサラリーマンは続編が作れそうな感じ。
堤真一さんのかっこよさがあるからこそ、あの嫁にいびられ家事をする可哀想な夫の姿に
惨めさを感じずに済んでるこの絶妙なバランスがよかったなあ。
結局のところあの夫はMですし。
ラストは嫁のちょっとした愛情が感じられて面白かったです。


おんな城主はとうとう城主が誕生しましたが、やはりどうしても柴咲コウさんの女っぽさの方が目立って
頼りなく感じてしまうのが残念なところ。
漫画のBASARAの男装主人公もそうだったけど、どうしても男装して男としてみんなを引っ張っていかなければならないけど
実際はものすごく女っぽい、女の思考の、情で動く浅はかなところもある、決して賢くはない主人公なんですよね。
そこらへんが見ていてちょっとイライラさせるところではある。
高橋一生さんはたぶん、的を欺くには味方からの精神でわざと悪役を買って出ているんだと思う。
敵の手に完全におちてしまうより、すりより、生きながらえ、後に自分が若い当主の後継人となることで藩を守ろうと考えたのでしょう。
でも藩からも恨まれる事は目に見えている。
そんな事でしか主人公を守る事はできない、という究極の犠牲愛ですね。これは後で人気のでそうなキャラじゃないっすか。恋心も隠し、味方からも蔑まれ、愛する人からも見下され。
ですがラストの柴咲コウさんの竜宮小僧のような髪型もちょっとなあと思うし
どうしても女を感じさせすぎるこの主人公がいまいち好きになれない。
城主としてもっと、男としてもっと、振り切ってほしいものです。


タラレバはそっち!?ってなったw
早坂さんを振ってしまう主人公はクズだな…。
keyの何がいいんだかまったくわかりません。


べっぴんさんも終ったけど、なんて最後までダラダラと、淡々としたドラマだったのだろう。
起伏が無い。山場が無い。感情がみえない。
問題がおこっても、いつのまにか「まあまあ」みたいなノリであっさり解決、問題の核心には触れず始終まったり。
子供を叱ることもせず。
たまに何を言ってるのかわからないくらいボソボソしゃべるし
カメラワークも一定だし
動きが無いし
そのわりに1週間ごとに何年かとんでいって、ラストはおばあちゃんになっているという。
思えば子供時代や学生、結婚、子供がうまれ戦争が始まり終わり、最初からすっ飛ばし気味だったな。
ラスト、子供が写真に興味をもってなんだかいい写真をとるみたいに演出してましたが
あんな「笑って〜」といちいち言ってカメラ目線で撮る写真の何がいいんだろう。それって幸せを切り取ってることになるか?ぜんぜん写真家としての感性がみえない。
みんなで映画を作るとかいうのもすごく半端な描写だし
全体を通して、サークル活動みたいな仕事の描き方でした。
見る人によって感想が違う、という事をドラマの中で役に言わせたのも、制作側が自らの保身というか言い訳をしているようにみえました。
一言でいうと道徳の教科書を上辺だけさらーっと読んでる感じのドラマでした。
すっごく普通の、すっごくありきたりな、すっごくつまらないエピソードの羅列。そんな感じ。
人の感情の動きに焦点を当てるわけでもなく、この仕事ならではの苦労を描くわけでもなく。
カーネーションは同じ大阪製作で、同じ洋服を作るという仕事で、どうしてこうも出来が違うのだろう。脚本かなあ。
カーネーションの子供達はそれぞれ個性的で、わがまま勝手な事ばかり言ってても家族の絆が感じられたのに対して
これはすごくテンプレな反抗期、いつのまにかあっさり和解、その後はずっと親ってすごいと言わせる為だけのお人形さん。子供達個人の意思も感じられませんでした。
まるでままごとのような家族なんです。
仕事としてもゲゲゲの女房はあの時代の漫画家としての苦労はこんなものがあるのか、それ以上に創作という事においてこんな苦労があるのかと感心しながら見たもんです。
まれ、梅ちゃん先生、べっぴんさんは本当にお仕事ドラマとしては最悪だったな。最後までお友達とうふふなサークル活動で。その上しんどい時には私はやりません、人の手も借ります、て感じで。
次の朝ドラはどんなものになるかなあ。
最近はごちそうさんが一番おもしろかったな。
PR

2017-03-20 16:08

撮りだめておいたのを見た

いろいろ最終回になりました。途中のものもありますが最終的に!

★★★★★ 嘘の戦争>カルテット>スーパーサラリーマン冴江内氏>おんな城主 直虎
★★★★  A LIFE ~愛しき人~>就活家族>東京タラレバ娘
★★★   大貧乏
★★    
★     嫌われる勇気>べっぴんさん


こんな感じ!
嘘の戦争はすごくいい最終回で、ほんとによく出来た脚本だったなあ。
草薙さんはじめ、みんなの演技も素晴らしかったし、とてもいいドラマだった。
キャラもいいし。
これDVDほしいかも。
高揚感が持続した事と、詐欺というものから離れず奇麗ごとでまとめてしまわなかったのがいい。
今までの日本のドラマって、すぐ奇麗事で道徳的にまとめるのが多いけど
これこそ現代の価値観に合ってる気がしました。
最後の最後まで視聴者を騙すあたり、映画の名作オーシャンズ11を思わせる。

カルテットは最終回でどうまとめるか楽しみ。
すでに感想は書いたけど壮絶な過去です。

スーパーサラリーマン冴江内氏も最終回らしく、小泉今日子ママのゆがんだ愛情もちらっとみえて
いい家族、そしていいヒーローだなって感じ。

おんな城主は脚本はいいんだけど、三浦春馬さんはいいんだけど
柴咲コウさんがちょっと女を感じさせすぎる演技で。
感情のまま流されている感じがして、これで当主になるなんて不安すぎると思わせてしまう。
それが狙いなのかな?
このドラマで一番うまいのは貫地谷しほりさんです。

2017-03-17 17:47

ドラマ終盤

朝ドラのべっぴんさんが酷い。
もう面白くしようっていう気概がないんだろうな。
ただ毎日、イチャイチャうふふしてるだけの、同窓会か慰労会みたいな。ストーリーの起伏も山場もな〜〜んもない。
私達の会社は商売を考えずにやってきて成功してすごいわね〜〜
さ、お茶のみましょ。うふふ赤ちゃんかわいいわあ〜〜
そんな感じ。はあ。今までの朝ドラの中でおひさま、てっぱんと並んで一番嫌いかも。
純と愛は嫌なドラマだったけどべっぴんさんよりまだ面白くしたいっていう熱意が感じられた。

それはそうと現段階で面白い順。

★★★★★ カルテット>嘘の戦争>スーパーサラリーマン冴江内氏>おんな城主 直虎
★★★★  A LIFE ~愛しき人~>就活家族>東京タラレバ娘
★★★   大貧乏
★★    
★     嫌われる勇気>べっぴんさん
☆途中で見るのをやめた…突然ですが明日結婚します、増山超能力師事務所、下剋上受験、精霊の守り人、クズの本懐
☆最初から見ていない…幕末グルメ ブシメシ!、お母さん、娘をやめて...、三匹のおっさん3、レンタルの恋


スーパーサラリーマン冴江内氏は賀来賢太がいい!!!!
結婚してふっきれたのかなあ。もうチャラい演技がうますぎる!!!
今度、福田監督の映画にも出るみたいで、すっかり福田組になったみたい。ムロツヨシ的な。
中だるみしつつもなんだかんだ面白いです。
小泉今日子ママもヤンキー感すごいけど、Mっ気のある旦那といいコンビ。そしてこの嫁は浮気しなさそう感がすごい、パパ一筋。
なんだかんだで堤真一そのものがかっこいいので、どれだけ虐げられてても惨めにみえないのがいいんだと思う。
ママに偉そうな事を言われるのも楽しんでるようにみえて。懐が広い。
すごくいい感じ。このドラマそれぞれのキャラがいいです。


カルテットは最後にぶっこんできたな〜〜
坂元脚本はいつも過去が壮絶なキャラばかりなんだけど、今回のマキさんもまた悲惨な過去だった。
しかも被害者なのに加害者みたいっていうのが捻ってて面白い。
最終回がどうなるかで感想は変わるかもですが。


直虎はもう少女漫画的すぎ。
それが今までよかったけど、最新話はちょっとダメだった。
主人公の働きが少ないわりに、「竜宮小僧のおかげかのう」という三浦春馬に対して「ばれてしもうてはまだまだ」的なことを言いましたね??
本人、私のおかげって自覚なさっていると…?
それ、どうなんだ。たいしたことしてないのに。
ちょっと主人公あげが酷く、根回しも浅く、森下さんらしからぬ雑な回でした。

2017-02-19 13:15

ドラマそれぞれ5、6話まで

それぞれドラマもそろそろ後半にさしかかってきました。
現在時点で面白い順にならべると

★★★★★ おんな城主 直虎=カルテット>嘘の戦争>就活家族
★★★★  スーパーサラリーマン冴江内氏 >A LIFE ~愛しき人~>東京タラレバ娘
★★★   大貧乏
★★    べっぴんさん
★     嫌われる勇気
☆途中で見るのをやめた…突然ですが明日結婚します、増山超能力師事務所、下剋上受験、精霊の守り人、クズの本懐
☆最初から見ていない…幕末グルメ ブシメシ!、お母さん、娘をやめて...、三匹のおっさん3、レンタルの恋


カルテットはやっぱり独特の雰囲気と台詞回しがいいですね。
3話目くらいのちょっと退屈になってきた感じが続くと嫌になってましたが、ここにきて最初の1話あたりの緊張感が戻ってきて、
人間関係の複雑さが面白くなってきました。
でもやっぱり演じてる人が全員うまいっていうのも大きいなあ。


NHK大河はあいかわらず三角関係が少女漫画的ですが、主人公が恋愛よりも家を守りたいっていうキャラになってきて
これがいいと思いました。だって城主としての主人公の話ですからね。
ストーリーもわりと複雑で、ちゃんと見ていないとわからなくなるくらい濃いです。
家同士のこととか力関係とか。
脚本家の森下さんはどのドラマでも筋盾がうまくて、今回もキャラが動くときの気持ちの伏線と回収がちゃんと作られている。だから説得力がある。
三浦春馬さんは大人になって骨格がしっかりしてきて、めちゃくちゃかっこいい。
正直、若い時はあまり好きじゃありませんでした。なんか女の子に見えてしまうときもあってね。
でも永遠の0あたりから体をすごく鍛えてるのが外観からもわかってきて
最近は顔の骨格が男性って感じになって、とても色っぽい。


就活家族は見ててイライラするけど、なんか夢中になっています。
先が気になるという意味ではこれが一番。
父親の見栄っ張りなところ、正義をふりかざし自分は綺麗だと思っているところ
でも悪い人じゃないところ、清廉潔白で正しい父親であろうとして、周囲に迷惑をかけている事が後回しになるところ、プライドが高いところ
とてもリアル。こういう父親って日本人に多いと思う。真面目で、正しくあろうとして。
妻は一番クズじゃないかなって思うんだけど、これまたリアルなんだよね。
教師としてただしくて優しくて、でも自分のためってところもあって
自分が悲しい時には人の哀しみに気付かない、自分のことを棚にあげる、すぐ話題が変わる、イケメンに弱い、優しくされることに弱い
今時の主婦って感じがします。
前田あつこさんの娘役はわりとガチでダメな娘。努力しないで人のことばかり責める。
でも悪い子じゃないんだよね。ゆとりなだけで。お父さんに素直に謝ることもできるし。
息子も悪い子じゃないけど悪い意味で純朴すぎ。自分を認めてくれる人にフラフラとついていく。
まあ子供二人ともあまり努力しないで楽に生きてきたツケがまわってきてる感じ。
そんな風に放任した両親のせいでもあるけど…
展開も早く、話がおもしろいんだけど、何よりこのキャラ達のなんとも絶妙なリアル感がいいんだと思います。
全員、悪い人じゃない。でも、なんか自業自得っていうか。ちょっと痛い目見ろよって言う感じ。


スーパーサラリーマン冴江内氏は福田監督のいつものことなんですが
マンネリ化してきた。

2017-02-05 06:30

ドラマ中間追加

録画を消化していってます。
現在のところ面白い順にならべると

★★★★★ おんな城主 直虎>スーパーサラリーマン冴江内氏>嘘の戦争
★★★★  就活家族 >カルテット>A LIFE ~愛しき人~>東京タラレバ娘
★★★   大貧乏
★★    べっぴんさん
★     嫌われる勇気
見るのをやめた…増山超能力師事務所、突然ですが明日結婚します、下剋上受験、精霊の守り人、クズの本懐
見いない…幕末グルメ ブシメシ!、お母さん、娘をやめて...、三匹のおっさん3、レンタルの恋

けっこう入れ替わりました。
NHK大河はすごく少女漫画的。いい意味で。

スーパーサラリーマン冴江内氏は勇者ヨシヒコの福田監督。いや〜〜ぶっとんでますw
ラストのダンスまでパロディ感満載。
しかしキョンキョンに「友達の付き添いできました〜みたいな子がデビューする方がかっこいい」みたいなセリフを言わせるかwwww
それに主人公のメンタルの強さたるやww
いろいろと面白いです。

嘘の戦争も面白い。先が気になるし展開が早い。
詐欺師ものってうまくやると面白いですね。

就活家族はほんとに見ててイライラするし、全員嫌いなんだけど
この家族がどうなっていくか気になります。

カルテットはほんとに独特。坂本脚本らしさが満載。
出てくるキャラの過去がすごく重いっていうのはいつもの事ですが
今回のも変わり種でした。
エンディングの椎名林檎さんの曲が最高にいい。
物悲しさと大正ロマンぽさ溢れてる。

愛しき人はちょっとトーンダウン。話の先がよめるってのがなあ…
タラレバも同じくトーンダウン。
逃げ恥みたいな可愛らしさはないです。男キャラに魅力がないからだなきっと。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード