忍者ブログ

2017-07-15 20:05

総括

もう7月期が始まっちゃってるよ〜〜
ここんとこお盆まですごく忙しくて、仕事もなんだけど自治会の夏祭りやら何やらイベントが多くて、さらに地域の会計問題がちょっと大変なことになっていて
今年役員をやっている私はもう信じられないくらい忙しいんです。
ぜんぜん時間がとれない。
なのでドラマも録画してあるのをやっと見たけど、見れてないものもあるんだよね。
そんな感じで最終的に面白かった順にならべると

★★★★★ ツバキ文具店=リバース>あなたのことはそれほど>緊急取調室
★★★★  小さな巨人>ボク、運命の人です
★★★   おんな城主 直虎>CRISIS>ひよっこ>母になる>フランケンシュタインの恋>4号警備
★★    櫻子さんの足下には死体が埋まっている
★     貴族探偵>トモダチゲーム

という感じ。その他は最初から見てないか、途中で見るのを止めました。


ツバキ文具店は1話完結でいい話、でもこれ以上続くと飽きるなって言うギリギリのところで終ったと思う。大きな筋っていうのはないので、淡々と日常を噛み締めていく感じのドラマでした。
やはり毎回、文房具を選ぶシーンが秀逸でしたね。


リバースはすごく上手くあの原作をドラマ化した。最後のドラマオリジナル部分も悪くなかったし、救いがある終り方でした。原作の終り方は救いがないからね。
みんなそれぞれ前を向いて生きていく。
事件そのものよりもキャラの成長に焦点を当てた感じもよかった。


あなたのことは〜は男性がそれぞれかっこよかったなあ。主人公の波留さんも透明感があって、淡々とした主人公がすごく合っていた。最初はクズだなと思った主人公も、最後は悪くないなって思えましたし
何より終り方のバランスがとてもよかった。


小さな巨人はちょっと期待はずれ。
敵が見えにくいし、完全にやっつけたわけでもないし。


おんな城主 直虎はやはり主人公がすきになれない。柴咲コウさんの声が裏返ってしまうのがヒステリックに聞こえるからかもしれないけど
でも最近、城主らしく賢くなってきたなって感じもします。やっと。
最初はスイーツ全開でしたが最近は政治色が強くなってきて、家と家の関係が多少ややこしい。ここら辺をスッキリ見せる事ができていないのが気になる。
全部、ナレーションで○○家と○○家がどーたらこーたらって説明で済ませてるから、あまり感情として入ってこないんですよね。だから○○家の誰々が自害したって聞いてもだから何?っていう。
その点、真田丸はうまかったなあ。


CRISISは消化不良〜〜〜!


ひよっこは先が気にならない…。ので録画が溜まりがちです。
リアルな生活を重視して作ったように見えた茨城編にくらべて、東京は下宿のキャラ達といい仕事場といい、都合よくまわって雰囲気も漫画的です。
めぞん一刻みたいなのを意識して作ってそう。
PR

2017-04-29 12:53

ドラマ途中経過

それぞれまだ見てないものと、3話くらいまで見たものあり。
今回は平均的に見るのではなく、見てるのと見てないやつの差が激しい。
現在のところ面白い順にならべると

★★★★★ ツバキ文具店>緊急取調室>おんな城主 直虎=ボク、運命の人です=小さな巨人
★★★★  ひよっこ=リバース>母になる>あなたのことはそれほど
★★★   CRISIS>フランケンシュタインの恋>岐阜にイジュー!>4号警備
★★    櫻子さんの足下には死体が埋まっている>兄に愛されすぎて困ってます>貴族探偵
★     超能力ファミリーサンダーマン>トモダチゲーム

☆まだ見てないけど見たい…この世にたやすい仕事はない
☆2話から見るのをやめた…超能力ファミリーサンダーマン、恋がヘタでも生きてます、人は見た目が100パーセント、兄に愛されすぎて困ってます
☆最初から見ていない…警視庁・捜査一課長 season2、きみはペット、孤独のグルメ
☆録画してあるがまだ見ていない…でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~



今期はものすごくハマる!ってものがないかなあ…。
その中でも実力を感じさせるのは、ツバキ文具店。
淡々と進んでいて、小説のような雰囲気を醸し出しながら、しっかりとした人物描写とエピソードでひきこんでくる。人間交差点のような青年誌の感じもするドラマです。
1話完結でみやすいし仕事のこともよくわかる。


おんな城主 直虎はもうここまできたら半分コメディみたいな気分で見ています。
大河ドラマにしてはかなり軽い。ご都合的な展開も多いし、周囲がちょっと主人公にとってあげ要員になってるかなあとは思いつつ
昔の王道の冒険少女漫画みたいな流れで面白く見れます。
思ったより家臣が心を入れ替えてくれるのが早かったり、解決もすんなりいったり、高橋一生さんのキャラが実は味方なのかも?とネタばらし的な雰囲気を出すのが早かったり
展開がスピーディでいつの間に?あれ?って思うところもありますが
逆にこれだけ軽い内容だとそのテンポの方が合っているのかも。
主人公はとにかく今のところものすごく役にたってるというわけでなく、むしろ頼りない女の城主を守る為に周りがしっかりしなきゃいけないと思わせる事で一丸となり団結してうまくいく城主
みたいな立ち位置になってますねw


ボク、運命の人ですはまだ1話しか見てないけど思ったより面白かった。
完全にファンタジーコメディですが、これからこのストーカーじみてしまってる主人公がどうやって彼女を振り向かせるか楽しみ。


小さな巨人は、主人公が主人公だけにシンゴジラの政治版を見てる気がしてしまうw
日9らしい堅実な作りで、テンポもよく先が楽しみです。


ひよっこは正直、退屈です。
でも悪くはない。ええ〜〜?と思うところもない。あまりにも全員がいい人でちょっと胸焼けするというかくどい部分はあるし
感動させようとしているシーンが、どっかで見たようなありきたりな、大変なあなたの為にお金をもってきたけど友達でいたいからと受け取らない相手に、今度は友達として食べ物をもってきたよ〜
という戦時中ドラマで何度も見たものを詰め込んだり。
新鮮みはまったくといっていいほどないです。
けど、でも見れる。
展開が遅すぎるのと、町のマラソンはどうでもいいよ〜と思ったりで先が気にならないっていうのが致命的な感じはするけど
朝からのんびりした田舎のドラマを見てほっこりしてもらおう、という明確な制作側の目的意識が感じられて、これはこれでいいんじゃないかなと。
でもそろそろドラマが動いてほしい。東京に行くのが遅過ぎる。
東京に行って働き始めてもこのテンポのままならちょっとキツいです。


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班は1話から2話3話とどんどんつまらなくなる。
すっきりしない解決と物語のまとめ方はもうそういう作風なんだと思うからいいけど
1話で見せたアクションが目に見えて減っている事
そして犯人が2話3話とショボかった事
バディものと思わせておいてあまりバディ的な働きをしていない事
いろいろと不満があります。
物語自体があまり面白くない。犯人が最初から分かっているし。犯人との駆け引きも感じられない。


そういう意味で緊急取調室 第2シーズンは鉄板的な面白さがあります。
1話できっちり完結すること、ドラマの王道に乗っ取っている事、主人公だけがチートなのではなく
チーム全員が出来る子なので、アメドラのドクターハウスやボーンズなどにあるような
全員がすごいレベルの人達で彼らが集まって知恵を出し合い解決していく、という気持ちよさがあります。
ドクターXのように主人公だけがチートというのではなく、チーム全員がハイレベルという方が個人的に好きなんですよね。
その方が超える壁も高いし。


超能力ファミリー サンダーマンはがっかりした。
想像と違うタイプのドラマでしたw子供向けのファミリードラマかな。
お兄ちゃんちょっと度を超えたイタズラしすぎでしょ…。


櫻子さんの足下には死体が埋まっているも全然ボーンズには及ばず。
専門性が低いし、櫻子さんがもっと早口でぺらぺらしゃべる方がいいような。棘があまり感じられないんですよね。
全体的にぬるいっていうイメージ。



今期は本当に先が気になる!っていうドラマはあまりないなあ。
でも録画できていたらとりあえずすぐ見たくなるのは、ツバキ文具店、緊急取調室 第2シーズン、おんな城主 直虎です。
キャラ的に好きなのは高橋一生さんと天海さんくらいかなあ。

2017-04-16 00:28

20174月期ドラマはじまた〜

まだ録画を全部見たわけではありませんが、見たものだけとりあえず。
すべて1話しかまだない状態で、面白い順にならべると

★★★★★ ツバキ文具店>CRISIS 公安機動捜査隊特捜班>母になる
★★★★  ひよっこ=リバース=おんな城主 直虎
★★★   4号警備
★★    トモダチゲーム
★     恋がヘタでも生きてます>人は見た目が100パーセント

☆まだ見てないけど見たい…この世にたやすい仕事はない、ボク運命の人です、貴族探偵、あなたのことはそれほど、兄に愛されすぎて困ってます、超能力ファミリー サンダーマン、小さな巨人、櫻子さんの足下には死体が埋まっている
☆途中で見るのをやめた…恋がヘタでも生きてます
☆最初から見ていない…警視庁・捜査一課長 season2、きみはペット、孤独のグルメ
☆録画してあるがまだ見ていない…でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~



ひよっこは前回の「べっぴんさん」より随分いい感じ。お前それはどうなんだよ、と思うところがあっても必ずその行動に理由があったり。
まあ簡単に言うと、今回の主人公および家族はみんないい子ちゃんなんです。それがちょっといきすぎなくらい道徳的にいい子なんですけど
それにはちゃんと理由があるんだよね。
1週目はまったりほのぼのでしたが、2週目からお父さんが行方不明になってどうなるかな。
今のところ続きが気になる作りではないので録画を見るのも後回しになりがちです。


おんな城主 直虎は本当に少女漫画の王道みたいな展開。
主人公の情というか、感情と相手を思う気持ちによって人々がほだされていくという。
家臣の男をアホに描き過ぎとも思いますが
これはこれで面白いんですよね。
ただこの主人公がまだあまり好きになれない


リバースは湊かなえ節炸裂。
過去と現在をいったりきたりしながら、謎にせまっていく。
でもこの原作を私はすでに読んでいるので、最後のオチまで一気にすすめないと10回連続ドラマとしてはきついんじゃないかなあ。
途中で中だるみしそう。
これオチの事を考えても映画の方が向いている気がするんですよ。


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班は、話はともかく、キャラが漫画的なのもともかく
アクション満載で単純にかっこいいドラマとして見れます。
小栗さんたちのアクションを見てるだけでもおいしい。
こういうのをドラマでやってくれると嬉しい。ただこの1回目のクオリティを2回目からも維持できるのだろうか。
がんばってほしい!


母になるはとくに期待もせず見たんだけど、泣かされました。
沢尻さんの途中の泣きの演技、すごい!もう、もってかれた。もらい泣き。
感情がこもってて自然ですごくよかったです。


ツバキ文具店はなんとなく見てただけなのに気がついたら引き込まれてました。
なんてことない地味な設定のドラマなんですよ。
でも展開が早いのと、まるで小説を読んでるかのような雰囲気に包まれ
NHKでなきゃ作れないだろうなというドラマになってます。


4号警備はCRISISと同じ系統。お金がかかっててそれなりにアクションもあって。
だけどいまいち面白くなかった。主人公がいつも怒鳴ってるからかなあ。


トモダチゲームはいかにもマガジンって感じですが、ライアーゲームの学生版みたいにもみえます。
先がちょっと気になりはするものの、謎ときにあまり快感がない。
そういうロジックだったのかという快感がないんです。
音楽もライアーゲームは神がかっていたけどこれはイマイチ。


人は見た目が100パーセントはただ化粧のレクチャーしてるだけ??これドラマなの??ドラマにする必要ある?深夜の通販番組とたいして変わらない。
肝心のストーリー部分がぜんっっぜん面白くない。
2回目からは見ないです、多分。


恋がヘタでも生きてますは途中で眠くなってしまったんだけど、主人公に共感も興味もわかないなあ。
でもこれは好みの問題だろうし、こういう王道恋愛もの(主人公がちょっとドジで一応は出来る子っていう設定で、イケメンツンデレの男子がいて
最初はいがみ合ってるけどだんだん魅かれていってみたいな)が好きな人は一定数いそう。
ちょっと主人公に都合がよすぎなところが気になるけど。
でも多分これも2回目から見ないです。


今期で実は一番楽しみにしてるのが貴族探偵、小さな巨人。鉄板かなと。
そして超能力ファミリー サンダーマンは設定からしても気になる。アメドラかな。アメドラはコメディひとつにしても、すごく社会問題を絡ませてきたりジョークが深かったりして
なかなかすごいんです。毒もそうとう効いてるし。日本では無理っていうか問題になるだろうなっていうセリフも多い。
人種が多い国だからこそ作れる深みのあるものが多いので期待。
あと櫻子さんの足下には死体が埋まっているは原作を読んでいないけど、骨が好きってあたりアメドラのボーンズを思い出させる。どう調理してくるのかな。

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード