忍者ブログ

2017-08-19 16:22

菜の花の彼 最終回!

はあああああああ終わってしまったあああああああ!!!!!!!
最終回、以下ネタバレ含む感想第一弾!
感想は今回だけでなく数回にわたって書きますので、まず第一弾。
3回くらい読みました。その後の興奮冷めやらぬ感じでとりあえず!





























私の予想ってほぼ当たってたんじゃないか???!!と思う感じの最終回でしたが
花畑問題をどうするんだろう、って事だけが心にひっかかっていました。
それがこんなまとめ方をもってくるなんて
凄く意外で、想像を超えるものだった!すごくよかった。
さすが、とうなりました!
うそ、これ伏線だったんだ??と思うところが伏線になっていてそれがなんと
2話目からもうすでに用意されていたものだってことに驚愕。
正直、あの鷹人と見た花畑を超えるものなんて実際には無いと思ってたから、
あるとしたら同じマミー牧場でものすごく晴れた花畑を見るという想像をしてたけど
でもそれって代わり映えしないし、隼太の底が浅くなってしまうなあって危惧してた。
それがこうきたかっていう!
ああ、約束って、こうやって紡いでいくもの、心に留めておくもの
そして、叶えてあげるんじゃなくて受け取り側の気持ちで繋がっていくものなんだって。
この終わり方、伏線の回収の仕方はすごかったです。
じ〜んとした。熱くなった。深い。


そして菜乃花を助ける為に隼太と鷹人がそれぞれ違う場所で共闘するのもよかったな。
烏丸は結局最後まで望みが叶わず、顔を見る事はできない。
それでも3人の本当の願いは同じ。
「綾瀬さん」と名字で呼ぶのが隼太だけしかいなかった事も見事に効いてます。


最後の菜乃花の涙は、隼太への気持ちが確定した安堵の涙にも見えるし、鷹人との別れに対する寂しさや悲しさにも見えるし
どちらの好きという気持ちも抱えたままなんだ、っていう感じもする。
このラストの菜乃花の涙と表情をどう捉えるかは、読み手によっていかようにもとれる。
そういう描き方をしてるんだと思います。
記憶を戻した菜乃花にとっての鷹人は、以前のうまくいかなかった鷹人のはずなのにそうじゃない鷹人も存在している。
それが嬉しい事ではなく、隼太を好きな菜乃花にとっては恐怖でしかないように見えました。
そして読み進めていくと、心の奥にひっかかっている 雨の花畑=鷹人と心を通わせた気持ち が消えていない事に苦しんでいる描写が入る。
まだ鷹人を好きなままの菜乃花もいるんですね。むしろそっちの方たまに大きく広がるから、花畑の約束を果たしていない隼太との事が不安になる。
鷹人が会いにこないという事自体がもう答えのようなものなのに、吹っ切れずにいる。
そしてラストは、「もう探さなくていい」とあります。
消えたわけではない。片方が残ったまま、無かった片方もすでにあった事に気付く。
融合するわけでなく、両方別物としたまま抱えて生きていくわけです。
これが本当の意味で煽りにある少女漫画史に残るの実態かもしれない。
一見どっちかを選んで終わっているように見えて
どちらも菜乃花の「彼」」のまま終わっているという。
こういう終わり方をした漫画を他に知りません。
ちょっと文学の域ですよ。


なんだか最終回を一番の山場にもってくるという作り方になっていて
このあたりは少年マンガを感じさせますね。
でもだからか余韻の部分が少ないのが惜しいなあ。
あと1話、いやあと10pでも5pでもあったらよかったなあ。
記憶を取り戻した菜乃花の気持ちがもっと説明あってもよかったし
何より鷹人の去り方が足りない気がする。もうちょっとページ使って読ませてくれても。
ただ菜乃花の葛藤をあれこれ説明してしまうと
ラストのあの表情で終わることはできなかったと思うので
やはり菜乃花の気持ちの説明はこれ以上はいらないのかも。
それより鷹人の一番の見せ場と、恋の決着は最終回の一つ前のあれが全てなんだろうけど
最終回でも隼太と菜乃花と同じくらい気持ちを掘り下げてほしかった気はしますね。
ただ、雑踏の中でやっぱり一瞬で菜乃花の姿を見つけてしまう鷹人だけど
声をかけずに去っていく事じたいが成長なんだとも思いました。
鷹人好きとしてはこれだけじゃなく、鷹人のあれこれその後の余韻をもっと見たかったという事です。とくに去っていくところ。
でも柱を読むと4p足りないって描いてある。単行本では書き下ろすみたい。
そこで鷹人の補完があるのかなあ。これは単行本を見てみないとわかんないな。


とりあえず3回だーっと読んだ感想!
また何回も読み返すと違う感想もでてきそうです。
PR

2017-08-05 22:52

変化が激しい今期ドラマ

とりあえずそれぞれ3話か4話くらいまできました。
最初おもしろいと思ったものが下がったり、逆にあがったり
今期は上げ下げが激しい感じ。とりあえず今のところは

★★★★★ 過保護のカホコ>僕たちがやりました>悦ちゃん>ウチの夫は仕事ができない
★★★★  黒革の手帖>コード・ブルー>ひよっこ>おんな城主 直虎>刑事7人 第3シリーズ
★★★   脳にスマホが埋められた>>わにとかげぎす
★★    愛してたって、秘密はある
★     ごめん、愛してる>警視庁いきもの係>セシルのもくろみ>カンナさーん!
他は見ていない、見る予定なし


てな感じ。
過保護のカホコは主人公のちょっとヤバいところギリギリな感じが薄まってきて見やすい。
島谷君も自分の方向性が見えてきたかな。
お父さんの爆発が思ったより小さなものだったので、次が楽しみです。

僕たちがやりましたは最初はとっつきにくかったけど、見てるうちに面白くなってきました。
クズばかりな登場人物もある意味いいし、どこかチャンピオン的な匂いのする不良感も馴染んできました。
主人公はクズだけど一線ギリギリの良識は守ってる感じですね。

悦ちゃんは手堅いNHKな作り方。演出が面白い。

ウチの夫は仕事ができないも演出が面白い。仕事のできなさにはイライラしつつも、なんかあるあるな感じもしてw妙にリアル。
この夫婦が可愛いです。
お嫁さんやってる役者の方、いい感じです。
同僚の先輩がめちゃくちゃウザいけど、彼なりの必死さも伝わってくるし憎みきれない。

黒革の手帖はちょっと粗が見えてきたかな。
主人公はやはり万能ではないのでね…。でも先が気になります。

コード・ブルーはストーリーは面白いんだけど、ガッキーはやはりこの役が合ってない。
クールで出来るキャリアウーマンというのが合わないんだよなあ。
文句言ったり喧嘩してても緊迫感がないし。かわいいんだけど。

脳にスマホが埋められたはテンポがよくないのでダレてきます。
スマホ人間という設定を活かしきれていない気がする。
1話は珍しくてよかったけど、心が読める系の話と変わらなくなってきたから。

警視庁いきもの係は生温過ぎる。
1話がすごく長く感じます。ハシカンは文句無く可愛いけど、それだけなんだよ〜
脚本に魅力がないというか。
動物ものはハプニング系の何かおこった時をきりとる動画系なら面白いけど
いつもの変化ない動物をずっと撮ってても面白くないわけで。

セシルのもくろみは主人公のキャラがあまり好きじゃない。
これがどうモデルとしてなりたっていくのか興味はあります。

カンナさーん!は1話で離婚になるのが新しい気がしてたけど、どんどんつまらなくなります。

2017-07-29 12:28

ドラマ7月期

7月期それぞれ2話くらいまで終っています。
今のところ面白い順に並べると

★★★★★ 黒革の手帖>>>過保護のカホコ>>コード・ブルー>悦ちゃん
★★★★  ひよっこ>おんな城主 直虎>脳にスマホが埋められた>刑事7人 第3シリーズ
★★★   僕たちがやりました>わにとかげぎす>カンナさーん!
★★    ウチの夫は仕事ができない>愛してたって、秘密はある
★     ごめん、愛してる>警視庁いきもの係>セシルのもくろみ
まだ見てない…ハロー張りネズミ、遺留捜査 第4シリーズ


てな感じです。


黒革の手帖は本当に驚きの出来!
武井咲さんは今まで好きでなく、どの役も魅力的に見えた事がありませんでした。
映画もドラマもふくめて。
でも初めてすごくいいと思った。
美しいと思った。
魅力的で、素晴らしい女優さんに思えた。
これこそ武井さんのアタリ役ではないでしょうか!
いやも〜年のワリにエロいことといったら!艶があって色気が合って、着物も似合うし。
所作や喋り方がとてもいい。少しアニメ声のような彼女の声はこれまでの可愛いいい子ちゃんの役にはあまりにぶりっ子に聞こえ、うざかった。
でもこういった悪女をやる時にこの声でささやかれると、なんとも色めかしく
キツい事もやんわりと聞こえ、でも裏に含む毒もちゃんとあって
なんだか言う事を聞いてしまう感じがするんですね。
いやあ〜〜〜すごい。これぞはまり役。今までの事務所の売り出し方が無能だったとしか思えない。
彼女は必ず米倉さんや岩下志麻さんみたいになるでしょう。いや、彼女らとは違った悪女をこなしていくでしょう。
ずっと主役をやって行ける女優さん、替えのきかない女優さんになった。このドラマでそう思いました。
今までちっとも思ったことなかったのに。


そして過保護のカホコはまるで漫画みたいですね。少女漫画みたい。
主人公はちょっと発達障害かとも思えるほどで、なんともそのピュアさとの境界が危うい。
しかしそれを補ってくれるのがヒーローの役。
見ている人が主人公に対し抱く「おいおい大丈夫かよ」「この子やばい」という気持ちを
彼が代弁しているんですね。そしてつっこむ。叱る。育てもする。
主人公を彼が変えていく。
まるで君に届けです。
主人公に友達がいないところやボッチでご飯を食べているところも同じ。
ただ彼のほうは風早くんとちがってこっちもまたボッチで友達の姿が無い。
しかしこのドラマ、実はお父さんの目線ですすむんですよね。お父さんが主人公。
普通の内気な男に見える彼が、それぞれ周りの人間を動物に例えて見立て
色んな動物におきかえることで怒りを抑えているように見える。
これがどうなっていくかも見所です。


黒革の手帖と過保護のカホコに共通するのは、これまでの評価とまったく変わったということ。
世間の評価も手のひらを返したよう。(私自身もですが)
黒革はあまり好かれているとは言えなかった武井さんの評価が
過保護のカホコは純と愛以降たたかれっぱなしだった遊川和彦さんの評価が
180度かわってしまったということです。
人は今しかみない。つくづく単純だなあと思うこのごろです。
他のドラマ感想はまたのちほど。

2017-07-16 03:07

菜の花の彼 最終回までの予想

「菜の花の彼」、残すところあと3話か4話…かな。
次はカラー扉、クライマックス目前の煽りも踊っています。
今回81話の衝撃は凄かったですね。81話の感想をとりあえずあげた日のアクセス数がものすごい事になっていまして、
みなさんも先が気になっているんだろうなあと思いつつ、ちょっと自分の予想をアップするのが怖くなっていました。
が、やはりアップしておきたい。
これだけドラマチックな物語をリアルタイムで楽しめるのって、今だけの娯楽だし
先を予想してはずれた、当たったと言うのも楽しみの一つだろうと。
もうすぐ終ってしまう寂しさをこれで紛らわしてるとも言えますがw
では以下ネタバレ含みます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







































もう率直に言います。
私はこの81話で、実は鷹人と菜乃花は最後までしていないと思いました。
肝心なシーンの直前で切っていることと、
最後に鷹人が烏丸のところにきたのは、好きという気持ちの報告に来たのではなく
声を取り返しに(菜乃花の記憶を取り戻すために)来たように思えたのです。
結ばれていないのは二通りの理由が考えられる。
1、菜乃花の全てを手に入れなきゃ嫌だと言い続けてきた、確認し続けてきた鷹人が、目の前の一部だけの菜乃花で満足できるわけがない→だから一端やめて烏丸のところに取り返しにきた
2、今の菜乃花だけとはいえ自分を受け入れてくれて自分を優先してくれた。今までに経験したことのない好きという気持ちを知り、目の前の一部の菜乃花だけを手に入れるのは違うと躊躇した→だから烏丸のところに取り返しにきた

私は2だと思うんです。もちろん、桃鉄先生のことですからもっと深い他の理由があるかもしれない。
あるいは2だと鷹人にしてはいい子すぎるので1と2の両方かもしれない。
1だと自分のために烏丸のところに来てるし
2だと菜乃花のために烏丸のところに来ている。
とにかくこの81話は未遂だと思います。あのあとのエピソードがきっとあるはずで、その時に鷹人は何を思ったのか、菜乃花は最後まで内なる菜乃花を爆発させずに済んだのか
いろいろと見せていない部分が多いのです。


とくに鉄骨先生は演出や見せ方をすごく工夫される作家なので(桃森先生はわりと直球で素直な見せ方をされると思う)
こう思わせておいて後で大逆転とか、実はこうじゃなかったよっていう種明かし的な見せ方が今までにもありました。例えば隼太の声が実は枯れていた話の時なんか顕著です。
鉄骨先生はストーリー構成や演出が映画的なんですよね。ハリウッド的な。だからドラマチックに仕上がる。


今の菜乃花が鷹人に恋をして、鷹人を苦しませたくないと必死なのは事実だし
目の前の好きな人の事を一番に優先するというのは、菜乃花の最初からの性格です。
これが今まではずっと隼太に向かって働いていていて、鷹人は蚊帳の外だった。
それが今逆転し、隼太は「外から見る菜乃花」を初めて体験した。
鷹人の気持ちに同調し、だからこそ菜乃花が手の届かない美しいものとして見えることも経験した。
その上で隼太は鷹人と同じ道はたどらないと決めた。表面上では。
どこまでいっても清廉潔白な隼太だった。

だけど、マネに会って、これは本当の自分の気持ちではないし、優しさでもなかったと思い直している。
これは隼太が、自分の欲を出して、まっすぐ菜乃花に向かっていく準備ができたように思えたのです。
ある意味で鷹人のようにどん欲に求め、努力しなければ手に入れることはできないと。
隼太は相手を思って2年間会いませんでしたが、それは「何もしなかった」と同じこともである。
これが、最後には鷹人のように、自分の気持ちに正直になって向かっていくんじゃないかと思うんです。その為の準備ができたように思える。


逆に鷹人。
彼はずっと求めるだけの恋をしてきた。得られないからこそ、求め続けるしかなかったのです。
でもここにきて、与えられた。
好きという気持ちを、あなたを受け入れますよという行為を与えられて、初めて自分のことや菜乃花の気持ちを慮れるのではないでしょうか。
その部分があえてまだ伏せられて描かれているように見えるんです。
今はわざと、鷹人を悪者のように描いている。そう予想しています。



最後には隼太が隼太らしさをもったまま、鷹人のようなどん欲で強引な「どうしてもあなたが欲しい」という気持ちを得て行動する。
鷹人は鷹人らしいどん欲さを失わないまま、隼太のような相手を思いやるからこその行動をしてみせるんじゃないかなと。
だから、最後は隼太と結ばれて、鷹人は救われる
と私はラストまでの流れを予想しています。これって、そんなに話数が必要な事じゃない気がするんですよね。盛り上げて最終回を山場にもってくる構成ならなおさら。
菜乃花の記憶は最終回まで戻らない気がします。
戻ってしまったらもう何の迷いもなく隼太に向かうと思う。
鷹人を好きになった2年間は嘘ではないけれど、隼太がいなかった世界での恋。
それは内なる菜乃花が怒り狂ってる、という描写でもう証明された気がしちゃったんですよね。ああ、これは隼太への思いの方が勝ってるな、と。
これまでは自分と出会わなかった方が隼太にとって幸せだと思ってしまったから、隼太のことを忘れていられたけど
本人から「俺のことはそれほど好きじゃなかったって思えば楽でしょ」(こんな言い方ではなかったが)みたいな意味合いの事を言われて
むかーーーっ!!ときちゃったんじゃないかな。
あなたへの気持ちを私から断ったみたいに言わないで!という回想も入ってきましたし。菜乃花はそういう、自分の恋心を否定される事に対してはものすごく熱い子だから。


菜乃花と花畑を見たのは鷹人であり、文化祭を入れると実際に2度も体験している。
けど隼太は約束したにも関わらずまだ一度も見れていない。
これがちょっと気になってるんだけど、ここらへんもうまく回収されるんだろうか。
とにかく最終回まで楽しみです。


〜余談〜
菜乃花の作ったたくさんのごちそうは食べてもらえるんだろうか…。
そして菜乃花の今回のファッションがすごく可愛くて好きなんだけど、ものすごく脱がせにくい服だなあとw
あれは体を許す時の服ではないよね。でも紐がちょっとはだけてるのがすっごく色っぽかった。服一枚脱がず肌も見せずにここまでのエロチシズムを表現できる画力すばらしい。とくに表情がすごくよかった。







2017-07-15 20:05

総括

もう7月期が始まっちゃってるよ〜〜
ここんとこお盆まですごく忙しくて、仕事もなんだけど自治会の夏祭りやら何やらイベントが多くて、さらに地域の会計問題がちょっと大変なことになっていて
今年役員をやっている私はもう信じられないくらい忙しいんです。
ぜんぜん時間がとれない。
なのでドラマも録画してあるのをやっと見たけど、見れてないものもあるんだよね。
そんな感じで最終的に面白かった順にならべると

★★★★★ ツバキ文具店=リバース>あなたのことはそれほど>緊急取調室
★★★★  小さな巨人>ボク、運命の人です
★★★   おんな城主 直虎>CRISIS>ひよっこ>母になる>フランケンシュタインの恋>4号警備
★★    櫻子さんの足下には死体が埋まっている
★     貴族探偵>トモダチゲーム

という感じ。その他は最初から見てないか、途中で見るのを止めました。


ツバキ文具店は1話完結でいい話、でもこれ以上続くと飽きるなって言うギリギリのところで終ったと思う。大きな筋っていうのはないので、淡々と日常を噛み締めていく感じのドラマでした。
やはり毎回、文房具を選ぶシーンが秀逸でしたね。


リバースはすごく上手くあの原作をドラマ化した。最後のドラマオリジナル部分も悪くなかったし、救いがある終り方でした。原作の終り方は救いがないからね。
みんなそれぞれ前を向いて生きていく。
事件そのものよりもキャラの成長に焦点を当てた感じもよかった。


あなたのことは〜は男性がそれぞれかっこよかったなあ。主人公の波留さんも透明感があって、淡々とした主人公がすごく合っていた。最初はクズだなと思った主人公も、最後は悪くないなって思えましたし
何より終り方のバランスがとてもよかった。


小さな巨人はちょっと期待はずれ。
敵が見えにくいし、完全にやっつけたわけでもないし。


おんな城主 直虎はやはり主人公がすきになれない。柴咲コウさんの声が裏返ってしまうのがヒステリックに聞こえるからかもしれないけど
でも最近、城主らしく賢くなってきたなって感じもします。やっと。
最初はスイーツ全開でしたが最近は政治色が強くなってきて、家と家の関係が多少ややこしい。ここら辺をスッキリ見せる事ができていないのが気になる。
全部、ナレーションで○○家と○○家がどーたらこーたらって説明で済ませてるから、あまり感情として入ってこないんですよね。だから○○家の誰々が自害したって聞いてもだから何?っていう。
その点、真田丸はうまかったなあ。


CRISISは消化不良〜〜〜!


ひよっこは先が気にならない…。ので録画が溜まりがちです。
リアルな生活を重視して作ったように見えた茨城編にくらべて、東京は下宿のキャラ達といい仕事場といい、都合よくまわって雰囲気も漫画的です。
めぞん一刻みたいなのを意識して作ってそう。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード