忍者ブログ

2017-05-26 02:34

菜の花の彼、いよいよ最終巻

前の記事で「菜の花の彼、最終章突入」という煽りがあった時に
だいたいこういう言い方の集英社少女誌の場合、あとコミック1冊分で終わるという予想をしましたが当たりました…。
まあ当たったというか、統計的にそうかなと思っただけなんですけど。
ついに、次で最終巻。
全14巻という事になります。
菜の花の彼は1巻につき6話入っているのが通常ですが、最終巻だけ話数が多くなったりページが増えたり、またその逆で薄くなったりする場合もあるので
あと何回かはわかりませんね。
桃森先生のハツカレは最後の10巻だけものすごく厚かったんです。
悪ラブは通常通りでした。
他の先生のコミックを見ても、最終巻だけ厚めというものもあれば薄めのものもあって、菜の花がどういう形態になるかはわかりませんが
多く見積もってもあと6〜7回、ということになりますね。
すごく寂しいです…。
と、同時に、今から早合点ですけど、このコンビのもっと他のタイプの漫画も読んでみたいという欲が早くも湧いてきています。
確かな画力と美しい絵、表情、そして結構ダイナミックなストーリー展開と、多彩なキャラを作れるコンビですから
普通の学園ラブストーリーの枠を超えてもいいんじゃないかなと期待してみたり。
例えばファンタジーとか、歴史物とか、スポーツ。もっと他のジャンルでも。異世界や魔法がでてきても画力的に描ききれるだろうし。



それはそうと、菜の花の彼です。
今回の13巻の表紙はカレンダーのカットでしたが、やっぱり全員かわいいなああ。
メガネが似合ってて、こういうポップな感じの方が好きな人も多そう。

裏表紙の菜乃花のカットもすっっごく綺麗!

13巻は通して鷹人と菜乃花の育まれた恋でしたが、やっぱり菜乃花の告白のシーンは素敵でした。
雨がやまずに、暖かい雨となって涙を洗い流してくれた。
その洗われた目にうつったのは、美しく輝く花畑。
結局、花畑を一緒に見たのは鷹人になったわけですけど、約束をした隼太とはどうなるんだろう。
これだけ大事なキーとして描いてきたんだから、活かさないまま終る作家ではないし、見ないまま終るとは考えにくいけど…。
でも颯爽と現れた最後の隼太はやはりかっこよく。

この後の78話では、アメリカでもヒーローのごとく活躍した隼太のエピソードや、
再会した菜乃花が以前の鷹人に対してかなりの塩であったように
今、心の中にいない隼太に大しての塩対応。
この、残酷なまでのえこひいきが彼女の美徳であり、魅力であり、他の者には手が届かない宝物のように見える理由の一つでもあるんですよなあ。

「徹底的な一途」

を具現化したのが菜乃花というキャラであり
それは美しくもあるけど、ものすごく冷たいことでもある。
それを隼太が身を以て感じる事になるとは…。
これ、もし記憶が戻ったら菜乃花はものすごく辛いと思います。
二人を同じように愛する事ができるわけないからね。

けどそれ以上に印象に残ったのがこのシーン



これ、13巻の烏丸の
穴があいた部分を埋めるかのように腫瘍が成長してる、素敵だと思わない?
っていう心の弱さが現れたシーンとかぶります。
かぶるというか、烏丸と逆なんですね。
烏丸は失ったものをなんとか埋めるものがほしい、愛情がほしい。
でも菜乃花は埋まってしまった愛情を押し出すほどの過去の愛情が入り込む事が怖い。破裂しそうで。
亡いものを追い求める孤独と、溢れすぎる苦しみは、どちらにしろ同じ辛さがあるのかもしれない。
烏丸は鷹人の恋の具現化でもあるけど、菜乃花の具現化でもあるように感じます。シンクロしてないのは健全な隼太だけかな?今のところ。


でもここまできて、あと少ししか回がないとしても
私は最終的にはやはり隼太と結ばれて終るフラグがたっているように思えます。
鷹人がいかにして成長をとげるか
菜乃花の気持ちになって考える事ができるようになっている鷹人にとっては、あと一歩のところまできてる気がしますし
隼太はいかにして積極的になれるか
鷹人のようにとまではいかなくても、どこまでエゴを見せる事ができるか。
ただ、そっちの方面じゃなくて、隼太らしさ(思いやりや優しさ、相手を優先するなど)をつらぬく方向でもこれは正解な気がするんですよね。
その場合、菜乃花からまた追いかけなきゃいけなくなるけど。
具体的に最終回がどうなるかはぜんぜん予想できません。
なにしろ78話にしたって、声のトリックは完全にだまされたし、ラストでびっくりしましたから。
いつも予想通りの展開にはしてこない作家さんですw
これで烏丸の出番もまだありそうだなと思いました。
78話の隼太も本音で語っているとは思えませんでしたしね。諦めたようには私には見えなかった。
「俺のことをそれほどまでには好きになれなかったんだって」というセリフは
菜乃花の心を軽くするための思いやりのセリフにしては棘がある。
ここに、隼太の本音が少し絡まってしまったんだと見ています。いわゆる、菜乃花への非難の気持ちですね。なんで忘れてしまったんだよ!っていう。いらだちというか。

ここのところ毎回すごくクライマックスのように盛り上がっていて、新展開もぶちこまれてくるもんだから目が離せません。
1話1話の密度が濃い。
だからこそ、最後に向けてもう盛り上がっていくんだなあという感じがひしひしとして、寂しさ半分にもなっている今日この頃です。
終ったら菜の花ロスになりそう…。
PR

2017-05-18 03:39

ドラマ中盤

まだ見はじめていないものもある中、中盤にさしかかったそれぞれのドラマ
今のところ面白い順にならべると

★★★★★ CRISIS>ツバキ文具店>緊急取調室>おんな城主 直虎>小さな巨人
★★★★  ひよっこ>リバース>ボク、運命の人です
★★★   母になる>あなたのことはそれほど>フランケンシュタインの恋>4号警備
★★    櫻子さんの足下には死体が埋まっている
★     貴族探偵>トモダチゲーム

☆まだ見てないけど見たい…この世にたやすい仕事はない
☆途中から見るのをやめた…岐阜にイジュー!、超能力ファミリーサンダーマン、恋がヘタでも生きてます、人は見た目が100パーセント、兄に愛されすぎて困ってます
☆最初から見ていない…警視庁・捜査一課長 season2、きみはペット、孤独のグルメ
☆録画してあるがまだ見ていない…でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~



CRISISがいきなり4話から面白い!
この緊張感と、暗さと、かっこよさがいいですね!!
小栗旬さんが潜入捜査をした回はとてもよかった。なんて残酷な、報われない、もうやめてしまいそうだ、復讐に走りそうだ
と思わせた後のラスト2分。急展開でしたがこの上司にはついていけると思える、救いのある展開でした。


ツバキ文具店は淡々と面白い。でもちょっと奇麗ごとすぎる気がしなくもない。
主人公が毎回、紙やインクやペンを選ぶシーンがとてもいいですね。
ここがお決まりの水戸黄門の印籠的な演出になっていて
これが入ると高揚します。
いよいよ山場だっていう。これは構成の勝利かもしれない。
どんな地味な設定だろうと、こういうヒーロードラマ的な形にすることができるんだなあと感心しました。ここはドラマとしてはとっても新しいと思う。
ただ、毎回できてくる手紙が意外に普通の内容で、その手紙だけで感銘を受けるようなものではないのが気になるところ。


おんな城主 直虎はもうどこまで少女漫画なんだw
主人公を守る周りのイケメンたち。そして恋愛ごとには疎い主人公。
ちょっとキャンキャンうるさい主人公にイライラしがちですし、これは脚本だけでなく柴咲コウさんの裏返りがちな声が気に障る部分もあるのかもしれない。
でもキツい顔つきは主人公感があっていいです。
もうここまでてらいもなく王道少女漫画だと恥ずかしさを通り越して面白いです。
ただ今までの重厚な大河ドラマを好きな人にとっては稚拙なドラマに感じるだろうなあ。
時々、現在の政治問題に絡めたようなセリフがあるのが気になります。
 大国にはさまれた小国が残るには、いかに戦わずして勝つか。
 なんでもかんでも血を流せばよいという考えこそ阿呆じゃ
 話し合いこそ解決の道
などなど…、ちょっと脚本家の森下さんは左向きの思考なのかもしれません。
話し合いでなんともならなかった10年があるから今の北朝鮮や韓国との関係になっているのに、どうしろと。みたいな現在にこれを説教のように言うのは、ちょっと響かない感じがしますね。
まあこれは考え過ぎかもしれないけど、主人公があまりにも感情に支配され、情で動く女というところを押し出しすぎて多少うざくなっている。
主人公が奇麗事を言うたび、それを可能にしているのは周囲の家臣たちなんだけどなあという。
ただこれも今のぬるい状況だからこそ可能だったので、これから戦になってからどうなるのかな。
今川家が動き出してからが見物です。
このぬるい主人公感のままいくなら、とてもこの主人公は好きになれそうにない。
ただ脇をかためる有能家臣たちやお坊さん、新しく出た盗賊までもが、とにかくイケメンだらけ。できる子だらけ。
それだけで美味しいドラマかもしれないw
そんなイケメンカタログ感も少女漫画感を醸し出しているかもしれない。


小さな巨人は1部がおわりましたが、まるで半沢直樹ですね。
なのでちょっと既視感があります。
2部の敵、ラスボスが香川照之さんということなんでしょう。

2017-04-29 12:53

ドラマ途中経過

それぞれまだ見てないものと、3話くらいまで見たものあり。
今回は平均的に見るのではなく、見てるのと見てないやつの差が激しい。
現在のところ面白い順にならべると

★★★★★ ツバキ文具店>緊急取調室>おんな城主 直虎=ボク、運命の人です=小さな巨人
★★★★  ひよっこ=リバース>母になる>あなたのことはそれほど
★★★   CRISIS>フランケンシュタインの恋>岐阜にイジュー!>4号警備
★★    櫻子さんの足下には死体が埋まっている>兄に愛されすぎて困ってます>貴族探偵
★     超能力ファミリーサンダーマン>トモダチゲーム

☆まだ見てないけど見たい…この世にたやすい仕事はない
☆2話から見るのをやめた…超能力ファミリーサンダーマン、恋がヘタでも生きてます、人は見た目が100パーセント、兄に愛されすぎて困ってます
☆最初から見ていない…警視庁・捜査一課長 season2、きみはペット、孤独のグルメ
☆録画してあるがまだ見ていない…でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~



今期はものすごくハマる!ってものがないかなあ…。
その中でも実力を感じさせるのは、ツバキ文具店。
淡々と進んでいて、小説のような雰囲気を醸し出しながら、しっかりとした人物描写とエピソードでひきこんでくる。人間交差点のような青年誌の感じもするドラマです。
1話完結でみやすいし仕事のこともよくわかる。


おんな城主 直虎はもうここまできたら半分コメディみたいな気分で見ています。
大河ドラマにしてはかなり軽い。ご都合的な展開も多いし、周囲がちょっと主人公にとってあげ要員になってるかなあとは思いつつ
昔の王道の冒険少女漫画みたいな流れで面白く見れます。
思ったより家臣が心を入れ替えてくれるのが早かったり、解決もすんなりいったり、高橋一生さんのキャラが実は味方なのかも?とネタばらし的な雰囲気を出すのが早かったり
展開がスピーディでいつの間に?あれ?って思うところもありますが
逆にこれだけ軽い内容だとそのテンポの方が合っているのかも。
主人公はとにかく今のところものすごく役にたってるというわけでなく、むしろ頼りない女の城主を守る為に周りがしっかりしなきゃいけないと思わせる事で一丸となり団結してうまくいく城主
みたいな立ち位置になってますねw


ボク、運命の人ですはまだ1話しか見てないけど思ったより面白かった。
完全にファンタジーコメディですが、これからこのストーカーじみてしまってる主人公がどうやって彼女を振り向かせるか楽しみ。


小さな巨人は、主人公が主人公だけにシンゴジラの政治版を見てる気がしてしまうw
日9らしい堅実な作りで、テンポもよく先が楽しみです。


ひよっこは正直、退屈です。
でも悪くはない。ええ〜〜?と思うところもない。あまりにも全員がいい人でちょっと胸焼けするというかくどい部分はあるし
感動させようとしているシーンが、どっかで見たようなありきたりな、大変なあなたの為にお金をもってきたけど友達でいたいからと受け取らない相手に、今度は友達として食べ物をもってきたよ〜
という戦時中ドラマで何度も見たものを詰め込んだり。
新鮮みはまったくといっていいほどないです。
けど、でも見れる。
展開が遅すぎるのと、町のマラソンはどうでもいいよ〜と思ったりで先が気にならないっていうのが致命的な感じはするけど
朝からのんびりした田舎のドラマを見てほっこりしてもらおう、という明確な制作側の目的意識が感じられて、これはこれでいいんじゃないかなと。
でもそろそろドラマが動いてほしい。東京に行くのが遅過ぎる。
東京に行って働き始めてもこのテンポのままならちょっとキツいです。


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班は1話から2話3話とどんどんつまらなくなる。
すっきりしない解決と物語のまとめ方はもうそういう作風なんだと思うからいいけど
1話で見せたアクションが目に見えて減っている事
そして犯人が2話3話とショボかった事
バディものと思わせておいてあまりバディ的な働きをしていない事
いろいろと不満があります。
物語自体があまり面白くない。犯人が最初から分かっているし。犯人との駆け引きも感じられない。


そういう意味で緊急取調室 第2シーズンは鉄板的な面白さがあります。
1話できっちり完結すること、ドラマの王道に乗っ取っている事、主人公だけがチートなのではなく
チーム全員が出来る子なので、アメドラのドクターハウスやボーンズなどにあるような
全員がすごいレベルの人達で彼らが集まって知恵を出し合い解決していく、という気持ちよさがあります。
ドクターXのように主人公だけがチートというのではなく、チーム全員がハイレベルという方が個人的に好きなんですよね。
その方が超える壁も高いし。


超能力ファミリー サンダーマンはがっかりした。
想像と違うタイプのドラマでしたw子供向けのファミリードラマかな。
お兄ちゃんちょっと度を超えたイタズラしすぎでしょ…。


櫻子さんの足下には死体が埋まっているも全然ボーンズには及ばず。
専門性が低いし、櫻子さんがもっと早口でぺらぺらしゃべる方がいいような。棘があまり感じられないんですよね。
全体的にぬるいっていうイメージ。



今期は本当に先が気になる!っていうドラマはあまりないなあ。
でも録画できていたらとりあえずすぐ見たくなるのは、ツバキ文具店、緊急取調室 第2シーズン、おんな城主 直虎です。
キャラ的に好きなのは高橋一生さんと天海さんくらいかなあ。

2017-04-22 09:23

「そのくせ私が選ぶと、それが世界で一番いいものみたいな顔をして」

菜の花の彼、77話!
もう、もう、すごくよかった!今まで読んできてよかった!!!
今回は本当にもう言葉にして感想書くのやめようかなって思うほどぐっときます…!
泣けた、泣けたよ…鷹人〜〜〜〜
ネタバレあり以下↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
































次回センターカラーなんですが、最終章突入!の煽りがあるあたり、もう終わりが近いんだなって思います。
でも今回が最終回でもいいんじゃないかってくらい(厳密に言うと伏線まだ回収してないからダメなんだけど)
それくらい盛り上がってクライマックス感がありました。
雑誌で「最終章」と煽ったりする場合、連載の場合は残りコミックス1冊分な事が多い。
最終回「間近」っていうとあと2回くらいなんですよね。
なので計算からすると、菜の花の彼はあとコミックス1冊分かなと。全部で14巻って事なんだろうと思う。
夢中になって読んできた漫画が終るのは寂しいもんですね…。でも喪失感とは別に、終わりにむけてまだどうなるかわからない、先をよませない展開にドキドキします。
タイムワープして先を読みたいと何度思ったか分かりません。


とにかく今回。もうすごく良かった。
途中まで緊迫感がすごくて、だんだん前の花畑の約束や、文化祭で作った花畑の記憶とリンクしていくけど
時系列がバラバラで、隼太の顔もはっきりしなくて、すごく映像が薄い。
混乱してる菜乃花
そして鷹人だけに見える2年前の菜乃花の幻影
この二つが重なった時に菜乃花から発される言葉は、鷹人が一番触れてほしくない部分を問いつめるものだった。
お姫様抱っこをナチュラルにしてくれたり、雨の中で倒れそうになる菜乃花をギリギリで抱きかかえたり、こまかく鷹人の萌えがありつつも
二人のやりとりは緊迫感にあふれてて、どう見ても「ああもうこの二人の恋は終わりだな」と思わせる流れだった…。



だけど。
2年一緒にすごし、昔は見えなかった鷹人の姿や、変わった鷹人の姿を見てきた菜乃花は恋をしてた。鷹人に。
鷹人が白状した時「しそう」「鷹人くん、そういう事考えそう」
って冷たく言い放った菜乃花。
これってもう鷹人の悪い面も全部わかってる。けどそれは最初に菜乃花が鷹人に魅かれた部分でもあり、つきあっていくうちに苦手になった部分なんです。
つまり、情熱的で激しい
鷹人の根本的な部分なんですよね。
昔は突き放した菜乃花。でも今回は受け入れた。
それも、長所だと。
なぜなら本当に道をふみはずすような事はできないとわかったから。純粋な情熱の面をくみとって見れるようになったから。



途中で菜乃花が語る鷹人の描写がもう、すごくよくて。


 鷹人くんて なんでそんななのかな
 執着するほどムキになって ダメな選択ばかりするの
 私の為に何かを選ぶのもすごく下手。
 覚えてる?最初のクリスマスプレゼント
 気に入らないと分かるとふてくされて捨てるって言ったあのバッグ
 あれから 私へのものは私に選ばせてばかりで
 私の好みを考えて選ぶのが億劫なのかなと思ってた

 …そのくせ 私が選ぶと
 それが世界で一番いいものみたいな顔をして




きゅーーーーーーーーーーーーーーーんんん!!!!!
もう、ここ。すっごくいい!!!鷹人の全てを現してる。
いいもの選んだぜっていう幸せそうな、それでいてちょっと得意げな鷹人の顔!!!
もう、もう、これなのよ!!!
文化祭のハンカチの時と同じ、鷹人はずっと純粋で。


そこでもまだ、もう鷹人に望みはないなって雰囲気なんです。
だけど…!次の次のページから空気が変わる。
ここ、もう部分的に抽出して見せるより流れで読んできてここにたどりつく方が、絶対感じることが変わってくると思いながらも
いいシーンすぎて載せてしまいます…。












もうボロボロ泣きながら読んでました。
こんな美しいシーン、ああ〜アニメにならないかな〜〜菜の花の彼。
雨と、表情と、背景と。
絵の画力あってこそのシーンなんでこれがベストかもしれないけど、動いて音楽がついたらもう号泣だろうなあ。


でも、選択が下手だった鷹人は最後の最後で下手じゃない選択をするかもしれない、と思わせる伏線のような伏線でないような感じもします。
ラストでとうとう烏丸が目覚めたので、このまま終るわけがないし、隼太もそろそろ登場しそうだし…。
菜乃花が鷹人に向ける恋心は、聖母のような、慈しみの気持ちが大きい感じもするんですよね。
隼太に向けた恋する顔と同じ目をしていても、表情は慈愛がまじっている。
二人の彼に対して、同じ気持ちで恋をしている訳ではない事がわかります。
だからこそ最終的には隼太になるのかなと思う。
どちらへの気持ちが本当の恋なのかという観点ではなく、それはどっちも恋心だけど、どっちの恋心を菜乃花が選ぶのか、という事になるのじゃないかと。
鷹人に言った「選択」という言葉が鍵になる。
そんな気がします。



鷹人が好きな人にとってはもう、最高の回でした。ありがとうございます桃森先生鉄骨先生!!!!
こうなると本当に隼太の登場が楽しみです!!!

2017-04-16 00:28

20174月期ドラマはじまた〜

まだ録画を全部見たわけではありませんが、見たものだけとりあえず。
すべて1話しかまだない状態で、面白い順にならべると

★★★★★ ツバキ文具店>CRISIS 公安機動捜査隊特捜班>母になる
★★★★  ひよっこ=リバース=おんな城主 直虎
★★★   4号警備
★★    トモダチゲーム
★     恋がヘタでも生きてます>人は見た目が100パーセント

☆まだ見てないけど見たい…この世にたやすい仕事はない、ボク運命の人です、貴族探偵、あなたのことはそれほど、兄に愛されすぎて困ってます、超能力ファミリー サンダーマン、小さな巨人、櫻子さんの足下には死体が埋まっている
☆途中で見るのをやめた…恋がヘタでも生きてます
☆最初から見ていない…警視庁・捜査一課長 season2、きみはペット、孤独のグルメ
☆録画してあるがまだ見ていない…でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~



ひよっこは前回の「べっぴんさん」より随分いい感じ。お前それはどうなんだよ、と思うところがあっても必ずその行動に理由があったり。
まあ簡単に言うと、今回の主人公および家族はみんないい子ちゃんなんです。それがちょっといきすぎなくらい道徳的にいい子なんですけど
それにはちゃんと理由があるんだよね。
1週目はまったりほのぼのでしたが、2週目からお父さんが行方不明になってどうなるかな。
今のところ続きが気になる作りではないので録画を見るのも後回しになりがちです。


おんな城主 直虎は本当に少女漫画の王道みたいな展開。
主人公の情というか、感情と相手を思う気持ちによって人々がほだされていくという。
家臣の男をアホに描き過ぎとも思いますが
これはこれで面白いんですよね。
ただこの主人公がまだあまり好きになれない


リバースは湊かなえ節炸裂。
過去と現在をいったりきたりしながら、謎にせまっていく。
でもこの原作を私はすでに読んでいるので、最後のオチまで一気にすすめないと10回連続ドラマとしてはきついんじゃないかなあ。
途中で中だるみしそう。
これオチの事を考えても映画の方が向いている気がするんですよ。


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班は、話はともかく、キャラが漫画的なのもともかく
アクション満載で単純にかっこいいドラマとして見れます。
小栗さんたちのアクションを見てるだけでもおいしい。
こういうのをドラマでやってくれると嬉しい。ただこの1回目のクオリティを2回目からも維持できるのだろうか。
がんばってほしい!


母になるはとくに期待もせず見たんだけど、泣かされました。
沢尻さんの途中の泣きの演技、すごい!もう、もってかれた。もらい泣き。
感情がこもってて自然ですごくよかったです。


ツバキ文具店はなんとなく見てただけなのに気がついたら引き込まれてました。
なんてことない地味な設定のドラマなんですよ。
でも展開が早いのと、まるで小説を読んでるかのような雰囲気に包まれ
NHKでなきゃ作れないだろうなというドラマになってます。


4号警備はCRISISと同じ系統。お金がかかっててそれなりにアクションもあって。
だけどいまいち面白くなかった。主人公がいつも怒鳴ってるからかなあ。


トモダチゲームはいかにもマガジンって感じですが、ライアーゲームの学生版みたいにもみえます。
先がちょっと気になりはするものの、謎ときにあまり快感がない。
そういうロジックだったのかという快感がないんです。
音楽もライアーゲームは神がかっていたけどこれはイマイチ。


人は見た目が100パーセントはただ化粧のレクチャーしてるだけ??これドラマなの??ドラマにする必要ある?深夜の通販番組とたいして変わらない。
肝心のストーリー部分がぜんっっぜん面白くない。
2回目からは見ないです、多分。


恋がヘタでも生きてますは途中で眠くなってしまったんだけど、主人公に共感も興味もわかないなあ。
でもこれは好みの問題だろうし、こういう王道恋愛もの(主人公がちょっとドジで一応は出来る子っていう設定で、イケメンツンデレの男子がいて
最初はいがみ合ってるけどだんだん魅かれていってみたいな)が好きな人は一定数いそう。
ちょっと主人公に都合がよすぎなところが気になるけど。
でも多分これも2回目から見ないです。


今期で実は一番楽しみにしてるのが貴族探偵、小さな巨人。鉄板かなと。
そして超能力ファミリー サンダーマンは設定からしても気になる。アメドラかな。アメドラはコメディひとつにしても、すごく社会問題を絡ませてきたりジョークが深かったりして
なかなかすごいんです。毒もそうとう効いてるし。日本では無理っていうか問題になるだろうなっていうセリフも多い。
人種が多い国だからこそ作れる深みのあるものが多いので期待。
あと櫻子さんの足下には死体が埋まっているは原作を読んでいないけど、骨が好きってあたりアメドラのボーンズを思い出させる。どう調理してくるのかな。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

バーコード