忍者ブログ

2018-10-18 15:08

愛が死ぬのは君のせい 14話15話感想 ネタバレあり

愛が死ぬのは君のせい 14話と15話の感想です。
ネタバレありますのでご注意↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




















いや〜〜もう雪平然が最近いいとこもってってかっこよくって!!!

しかしかなり深い話になってきました。
一墨が「好き」という気持ちを奪われてしまった結果、穴を埋めるため心音と付き合うことに。
でもこれ心音も可哀想です。見込みないんだもんね。



「会って
 話して
 一緒にいて
 それで いつ好きになるんだろう?
 相手を好きになったっていつどうやってわかるんだ?」

これ、私達も学生のとき、わからないまま付き合ってみたりしたことがあるよなあと。
本当に好きかどうかわからないまま流されてた。
一墨はそれが出来ないくらい、根が真面目で、愛が重いと言えるかもしれません。
愛生のことが好きという一言では言い表せないくらい相当特別な存在だったとも言えるしね。

心音の方は焦って早くおためし期間を終わらせようとしている。
そして彼の影に誰か女のコが居る事も気がつき始めている。
どうも彼女が時折みせる表情や言動から、単にピュアなだけのいい子ではなさそうなんだよなあ。
彼女には友達の影がみえない。女子からも一目おかれてるしモテ子だけど、
はたして彼女の心というか素を知っている人はいるのだろうか。
彼女もまたひとりぼっち、そんな気がする。



心音と一墨のカップルを見てると、菜の花の彼の鷹人と菜乃花を思い出す。
同じタイプで、陰陽でいったら陰で、重くて、ちょっと独りよがり。
今回もまたうまくいかないタイプのカップルに見えます。傷の舐め合いをしてるだけで世界が閉じてるんだよね。

一方、愛生と然も同じタイプでこちらは陰陽でいったら陽。
悩むし、ぐじぐじするけど長く続かない。ぱっと言いたいこと言ってけんかして、たぶん解決も早い。
できることを見つけて、すぐ行動にうつす。

そんな愛生さんも今回ばかりは一墨に対するきもちがわからなくなってぐるぐるし始めた。

そこにきたのが然なんだよね〜〜〜〜!!!
この登場の仕方はずるい。かっこよすぎ。ヒーローの立ち位置ですやん。
まるで花火大会の鷹人を思い出します。
この二人だと暗い雰囲気にならないんだよね。

でもだからこそ、愛生と一墨じゃないとダメな気がするんだなあ。
というより、一墨には愛生が必要なんですよ。
空気を変えてくれる意味でも、引っ張ってくれる意味でも。
一墨は一人だとどんどん闇落ちしてしまう。
その兆候が現れ始めてる。
然が颯爽と愛生をかっさらっていってしまったから、一墨は取り残されてしまってる。
胸の穴が絶望になってなんともいえない表情になってしまってる。
それくらい一墨は一途で、一歩間違えば闇に落ちる、危うい人なんだよなあ。

15話でガンと恋愛部分が動いて次がほんっとに楽しみ。
今はまだ然は愛生に対して、興味の対象よりちょっと大きくなった感じかもしれないけど
彼が本気で愛生を好きになったら、一墨はもう壊れるしかない気がする。
最終的には然と心音ちゃんがカップルになったら、少女漫画の王道らしく陰陽のカップル二つできるんだけど
そうはいかないのが、ワルツの存在。
そう、これが出てきてからがまた本番って感じがするんだな〜〜
とにかく最近はガンガン恋愛部分と人の気持ちが動いていますし
なにより一墨の病んでいくスピードがあがってきてる感じがする。


でも大筋のSF部分や大きな愛というテーマの話は、校外学習で話がすごく展開しそう。
これから盛り上がっていきそうな準備がどんどん整っている印象です!






PR

2018-10-02 15:12

まんぷくはある意味、新しい主人公の形

新しく始まった朝ドラ、いい感じなんじゃないでしょうか?
(とりあえず2話までだけど)
自分がブスなことで自信がないヒロインってのは結構ここ数年、少女漫画でよくあるパターンでした。
マーガレットの「圏外プリンセス」やwebの「ブスに花束を」など。
でもブスなのにそれに気付かず、人に言われても気にしない、可愛い格好をしておしゃれして
姉妹や友達(同性)に愛されているヒロインはありそうでなかった、面白い個性だと思います!
好感度はかなり高い。
とにかく楽天的。
朝ドラとしても、これまでのヒロインは周囲から
「顔はかわいいのに」と周囲から言われる設定だったのでこのヒロインはマジで新しいと思います。
カーネーションの糸子でさえ可愛いとは言われなくともブスとは言われていませんw
仕事は失敗しつつも、物覚えが早く
昨日より今日の方が断然仕事が出来るようになっているのでよかった。
何より英語が堪能じゃん!これを活かすときがくるのかも。

なとなく、やっていくうちに今の若い子に受けるドラマになるんじゃないかなあ。
今の子って、ブスでも平気でおしゃれしてインスタにあげてユーチューバーになったりしてるし
「うちブスやからってかwわかってるわwwそれでこの新色リップやねんけどなめっちゃ可愛いねん〜〜」と楽しそうな美容系ユーチューバー
ぜんぜん卑屈じゃない。それと似た感じがします、この主人公。
だからすごく共感されると思う。
見ていて楽しいんです。
元気ももらえるんじゃないかな
だからこの主人公にはぜひ、恋も生活も楽しんでほしい。

人ともあまり喧嘩せず、楽天的に生きてるけど
結構シリアスなところはシリアスに考えてる、みたいな感じじゃないのかな。
なにげに能力値高いですしね

母親の娘依存はうっとおしいけど、解決がわりと早そうなので
あまりストレスにならないかも。
女学生との関係や姉妹の関係がほのぼのしていて面白い。
主人公のネジが一本ゆるんでる感じが楽しいです。

これは王道の昔ながらに見せかけて
今のインスタやツイッターの価値観をすごく取り入れてると思います
ハセヒロとの恋愛の仕方や、自分に対する価値の考え方などで
この子の良さ(今の時代の良さ)みたいなのを打ち出していけたら
けっこう斬新になるんじゃないかなあ。
あまちゃんみたいな、のほほ〜〜んと生きてる空気感もあるし。

2018-09-27 01:42

歴史ものはキャラの改変の面白さ

西郷どんの西郷隆盛がどんどん嫌なキャラになっていく。
彼なりの信念はあるんだろうけど、いきなり変わりすぎ。
そして慶喜がこんな無能になっていいのだろうか。

篤姫からこっち、いろんなパターンで慶喜が表現されてきたけど
作り手によってこうもキャラが変わる人も珍しいなあと思う。
家康や織田信長が悪者になったり識者になったりはするけど、慶喜もそれと同じくらいの振り幅。
今回のドラマの慶喜はなかなか無能です。

やはり幕末ものは群像劇。
それぞれの人がやった事は意外にエピソードが少なく、小さい。
事態が動くときにいろんな人が介入する。
戦国時代や江戸時代は一人の人物が大きなことをたくさんするヒーローもの。
一人の力で国が動く。

どちらがドラマにしやすいかといったらやはり江戸時代、戦国時代なのではないかな。
幕末で本当に面白かった大河ドラマは、個人的にはまだない。

2018-09-14 10:39

最終回

★★★★★ dele>義母と娘のブルース>この世界の片隅に
★★★★  ハゲタカ>西郷どん
★★★   健康で文化的な最低限...
★★    チア☆ダン>絶対零度>サバイバル・ウェディング>高嶺の花>グッド・ドクター>ヒモメン>半分、青い。
★    
1話見たけど続きは見ない・・・ゼロ、探偵が早すぎる、刑事7人、ラストチャンス、透明なゆりかご
1話見逃したので見れないまま・・・


高嶺の花の最終回が最悪でした。
1話はぷーさんが非凡な男である示唆をしていたし、なんといっても斬新な設定とテーマで
すっごく期待したのですが
主人公のももが、人をだまし、嘘をつき、自分の都合ばかりで動き、試し行動をするだけで
まったく愛を感じられなかった。
そしてぷーさんも非凡でもなんでもなく、母親のいうことを鵜呑みにするただの頭でっかちだった。
途中までは面白かったのですが…。
結局ぷーさんの方が高嶺の花というわけでもなく、いいとこのお嬢さんで綺麗な女子であるももが高嶺の花ということで終わった。
でも中身はそんなに美しくない。
そんな彼女の嘘と試し行動をうけいれるぷーさんの友達たちも、十把一絡げの脇役というコマにしか過ぎなかった。
なんだかとっても残念なドラマでした。ラストで花をとりにいくのも、すっごい近場だし。
ここまでこれだけの物語を構築してきて、どうしてすっごくチープなありきたりな意外性も何もないむしろ想像を下回る最終回にしたのだろう。
「私はお花」で抱き合うあの空間もわからない。
全員が全員をハッピーエンドに無理矢理する必要があるのだろうか。こんなチープに嘘くさくしてまで。


グッドドクターも回を重ねるごとにつまらなくなった。
毎回、子供を使って泣かせようとする内容ばかりで飽きるし、ワンパータン。
最終回は子供が死んだのは親が目を離したせいなのにそこは無視。
そしてあんなあっさりと臓器提供を決めてしまうことに違和感。


チア☆ダンはだんだん内容が鉄板というか。
東京で問題をおこし裁判をおこされるくだりも期間から考えて無理があるし、嘘っぽいし
怪我で部活をやめるやめないの問題もありきたり。
ダンスがいいのと、オダギリジョー先生がよかった前半がもったいない。
でも最終回でダンスを見るのを楽しみにしているところ。


絶対零度はなんだかんだで見続けたけど、いまいち盛り上がりに欠ける気がした。


今回は本当にdeleが良過ぎる、義母と娘のブルースがほっこりすぎる、この世界の片隅にの演技者がうますぎる
この3つに尽きるなあ。

2018-09-09 06:33

愛が死ぬのは君のせい 13話 感想ネタバレあり

愛が死ぬのは君のせい12話から13話にかけての感想です。
ネタバレありますので嫌な方は見ないでください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓























13話で愛生の強さはより感じました。
とにかく、強くあろうとする。
然と普通に喧嘩している姿は、なんでも言い合える仲間に見えてまるで然と愛生の方が幼馴染のようにさえ感じる。
然も今まで飄々としてどこかつかみどころのない男子だったけど
ここにきて怒って、本当の然がでてきた感じ。愛生によって引っ張り出されたか。
けっこう素直で優しくて、熱血で。

もう、然はとっくに当事者のつもりで、愛生たちから手を引くなんて考えもしない。ある意味ポジティブで、けど損な役回りな感じもしてしまう、、、。
然のキャラ好きだなあ。なんていうか、すごく自然。漫画っぽくない。リアルにいたら密かにモテそうなんだよねこういう人。

13話の引きがまたよかった。
愛生は一墨から離れようと決心しているのに、同じ校外学習係になってしまう。
放課後は二人きり。
何もおこらないわけがない!
一墨と心音はもう付き合っているし、然はますます愛生に関係してくるし
ワルツがいつか出てくることは決定的で、どれがどんな風に人間関係を、世界を変えるかわからない。
複雑な5角関係が交差するように、物事が進んでいきます。
早く一墨と愛生の二人の関係の変化が見たいけど、それより前に一墨と心音の関係がくるだろうなあ。
一墨は愛生に対する愛を失っているけど、だからって心音を好きになるとは思えない。
そうなると、心音はいい子のままでいられるのかな?

1、2巻はどんどん展開して事象が変わるスピードが速かったけど
3巻分になってからそれぞれのキャラの心情を丁寧に見せることに変わった気がする。
愛生に気持ち、然の気持ち。たぶん次は一墨か心音だと思う。

予想ではそれぞれの恋心をちゃんと見せてから、またどーんと何かが変わりそう。
それが愛生と一墨の二人きりの時間におこるんじゃないかなあ!

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード