忍者ブログ

2018-08-08 00:37

愛が死ぬのは君のせいの感想

これまでここで書いてきた感想を始め、日々のドラマや映画感想などですが
全部まとめて新しいブログに引っ越します。

11話の感想からブログひっこします。アメブロへGO

今後は上記のブログをチェックしていただけると嬉しいです!
PR

2018-07-30 08:59

本格的にぼちぼち引っ越し

引っ越します。
次のブログは下記の通りです
オガクズの他愛ないこと日記R
いろいろなリンクはぼちぼち作っていきます。

2018-07-25 18:42

引っ越し

ブログの引っ越しを考えています
まだ未確定だけど今テスト中。
とりあえず貼っておきます
https://ameblo.jp/taainaikoto

2018-07-18 21:49

夏ドラマはじまりました

この夏は面白い設定のベタではないドラマも目立つ中、堅実にベタな刑事ものもあり
バラエティに富んだ印象になっています。
1話だけ見たところ、面白い順にならべると

★★★★★ 高嶺の花>>グッド・ドクター
★★★★  この世界の片隅に>義母と娘のブルース>限界団地>チア☆ダン
★★★   サバイバル・ウェディング>西郷どん>健康で文化的な最低限...>絶対零度>ラストチャンス
★★    半分、青い。>ゼロ
★     
1話見たけど続きは見ない…
1話見逃したので見れないまま…

今のところはこんな感じです。

4月期ドラマではコンフィデンスマン、おっさんずラブという変わり種が非常に面白かったですが
今期はシリアスに変わり種の「高嶺の花」が飛び抜けて面白かったです。
石原さとみさんの演技はとても魅力的。何をやっても石原さとみ、とも言えますが
それが魅力的なんだから問題なし!自然に笑ってしまったり泣いたりといったところがリアルで、本当にそのキャラにしか見えなくなってくる。
妹の芳根京子さんもキャラにあってていいですね。
何よりストーリー、人物設定が面白い。
野島伸司さんは最近の脚本が時代遅れに感じていて、もう過去の人なのかなっていう印象があったのですが
このドラマで息を吹き返したように野島節を感じつつも斬新な新しさもあってよかった。
実は天才かもっていう男性キャラも、どこか漫画的で面白いし。
タイトルからして高嶺の花的な女子とつきあう冴えない男子かと思ってたんですが
男子の方もこれまた実は隠れ高スペックみたいで。
やっぱこうでなくちゃ面白くないよね。
次回がすごく楽しみです。


グッドドクターは正直、山崎健人さんの見方が変わった。
前回のトドメの接吻の1話目で、どうしようもないほど演技力がないと思ったのですが
回を重ねるうちにだんだんうまくなってきて、最終回ではそのキャラにしか見えないほど熱い演技をされてたように見えました。
すごく役者として成長したドラマだったと思う。
そのまま今回のドラマでも挑戦したなって感じ。
中居さんとかユースケサンタマリアさんとか、自閉症っぽい役をやってた人はいろいろいるんですけど
今回のキャラは今までにないくらいピュア感がある。
そしてちょっとかわいい。
これは期待です。


この世界の片隅に、は映画を見ているので
知ってる話をドラマで見るのは退屈かな〜と思いつつも見てみたら面白かった。
主人公の子はすず役にぴったりかも。
あの、ぼ〜〜っとした感じとか。美人とは言い切れない感じとか。
アニメでも絶妙にイライラしたけど、実写だと結構あのぼ〜っとした感じはイライラするかもしれないwというか、イライラしたw
でもそういうキャラをうまく演じてらっしゃるし、脇役が豪華なので
これから先が楽しみです。
これは戦争映画とみせかけて実はレディースコミックだと私は思ってるんです。
昭和の戦争時代を舞台にした、主婦の生活漫画であり、コトメとの嫁漫画であり、
夜のいとなみもバッチリ入った恋愛漫画でもあった。
あの絵だからだまされているけど、内容はかなりレディースコミックだと私は思うんです。
その雰囲気をちゃんと実写でやってましたね。
でもあの絵だからさら〜っと読めたものが、変に生々しくなってしまったなあ。


義母と娘のブルースは綾瀬はるかさんがまた変わったキャラに挑戦って感じ。
テンポよくて見やすいです
でもストーリーはまだ普通の域を超えないかな。
当たり前のことを、キャリアウーマン風の言葉におきかえてるだけに見える。


サバイバルウエディングは少女漫画みたい、というかレディースコミックみたい。
時々入るファッションのうんちくはいるのだろうか。
いまいち本編の恋愛内容に関わっていない気がします。




まだそれぞれの作品について語りたいことはあるけど
総括して、今年に入り最近やっとドラマが漫画においつき、抜きつつあるかも
と思うようになりました。
というのはここ数年ずっと、漫画の方がドラマよりずっと内容が深いし面白いし、変わったことにも挑戦しているように感じていました。
逆にドラマは普通でありきたりで既視感あって、退屈なベタなものしか作らないなあ
もうドラマは終わりだな、なんて思っていたんです。
だからアメドラの方がずっと面白くてシャーロックとかゲームオブスローンズとか夢中で見ていたんですけど。
しかし。
今年に入ってからドラマの方が冒険するようになったなと思っています。
そして内容も深い、大人が見て面白い。
ベタじゃないオリジナリティを感じる設定も多く見受けられるようになった。
逆に漫画の方は、とくに少女漫画はほとんどがベタで、普通の主人公がイケメン男子に愛されてイチャイチャしてるだけのよく似た恋愛漫画ばかりが売れるようになり。
今は少女漫画の方がもう終わりだな、斜陽だなと感じています。
少年漫画もちょっとそういうところあるな。普通の男子がかわいいヒロインに愛されてるけど素直になれなくて、付かず離れずのイチャイチャみたいなのばかり売れて。

もっとオリジナリティあふれる、これでなきゃダメだっていうものとか
作家性の出たものとか
変わったことに挑戦している漫画が増えないと
これから数年は漫画の方がドラマや映画においていかれて斜陽になるなあと感じてしまいます。
いやもうそうなりかけているのかもしれないけど。

2018-07-07 14:02

愛が死ぬのは君のせい 9、10話ネタバレあり感想

「愛が死ぬのは君のせい」の感想です。
ネタバレ含みますので嫌な方はスルー推奨↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
































物語の下準備が終了して、いよいよ本編が始まった感じがしますね!
いや〜〜やっぱり桃鉄コンビ先生は、人間関係を描いてこそですよ!
それぞれのキャラの気持ちを描いてこそですよ!
そこに人外の謎も入ってくるけど、これもやっぱり「どう生きるか」的なことに関わってくる感じがする。
だって白い人とワルツはなんとなく「愛をもたない種族」な感じがするからね。
一墨の「愛」を奪って抜け殻にして、ワルツは今潜伏中。
これが出てきた時どうなるかが想像つかないw


さてさて、やっと出てきましたワルツがいない一墨!
も〜一墨が切ないったらありゃしねえ…。
一墨が出てきてからが物語の始まりだったのかなって感じがしますね。
そして新キャラ二人、このうち男の方の「雪平 然」がけっこういい感じなんですよ〜vvvv
見た目は爽やかワイルド、背も高そう、でも勇希(愛生の弟)への接し方とか子供慣れしててさっぱりしてて、でも相手の不安を即座に察知しそれを払拭してくれる優しさとか
器の大きさとかを併せ持ちつつも、ちょっと飄々としていて。

これはいい人気キャラになる予感ですよ!!!

愛生と同じく明るい陽タイプなので、二人の相性もよさげ。
一墨は完全に陰の人なので、愛生の明るさによって救われるのかもしれませんが。
子供の時から暗くてあまり喋らない理解されない子だったのなら、よけいに愛生に憧れる気持ちがあったのかなあなんて思ったり。。。。
あの事件があって、愛生を守ることで
自分は弱くない、男だ、って思えていたのかもしれません。
それこそ一墨という人の人格を形作るほどに。

でもそんな部分を失ってしまって(ワルツに盗られて)
今の一墨は本来の弱くて優しい男になってる感じがする。
情緒不安定で、でもなんとか取り繕って生きてる。
失った穴を恐れながら。
つきあうことになった心音ちゃんに対しても誠実であろうとする。
心音ちゃんは菜乃花の雰囲気があるおとなしくて女性らしい子。優しいっぽいし。
でもそれだけではないちょっとした優越感もあったりして
この微妙なさじ加減がリアルでうまいです。
私は一墨くんに拒否されなかったたった一人なのよ、的な感じが。いきなりぐいぐいくるしね。
ただ外見的には一墨とひじょ〜〜〜にお似合いなんですよね美男美女で、、、。
一墨を救えるのは愛生だけで、愛生を助けるのは一墨だと思いたいんですけどね。


でも愛生は愛生で然と仲良くなりそうだし、ふられてるからこっちにいっても不自然じゃない。
しかも然がけっこう面白いキャラなんだよなあ。
いい感じのカップルが二つ出来そうなんだけど、
でもこれ見た目は4画関係でも、実は5画関係ってあたりがまたすごい!ww

そう、ワルツだよ。

今ワルツがどういう状況になってて、どうなってるかは9話で少し判明したけど
外人さんっぽいあの美形と、ワルツ。この二人が何者なのか
何が目的できたのかはまだわからない。
そこんとこの謎に迫ってくれそうなのが然なんだよね。

複雑な人間関係と、心理描写。
それぞれの立場と気持ち。恋愛。


声を大にして言いたい。これ、他に似た物語がない、すごく面白いマンガだと思います!!!!
よくこんな設定おもいつくなあ。すごいよ桃鉄先生。


11話の感想からブログひっこします。アメブロへGO


「愛が死ぬのは君のせい」8話の感想へ


「愛が死ぬのは君のせい」5話〜7話の感想へ


「愛が死ぬのは君のせい」2話〜3話の感想へ

「愛が死ぬのは君のせい」1話試し読み

ブログカテゴリは「愛が死ぬのは君のせい」になります











カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード