忍者ブログ

2011-06-11 20:39

ドラマ4月ももうすぐ終わり

すっごく久しぶりの更新になります。
4月期ドラマ、見てるものを面白い順にならべると

おひさま>JIN -仁->名前をなくした女神>鈴木先生>>タイムスクープハンター>>高校生レストラン>>>>失恋保険

てな感じです。

仁は途中から坂本龍馬の討幕話が中心になってきて、その理由は全部仁先生に起因するという展開になってから、無理がありすぎるような気がしてきて気後れ…でも基本的には面白いし、丁寧につくってある物語です。
でも初期の頃の、すごくわかりやすい、未来からきた仁先生が江戸の人たちを治しのしあがっていく、また仁先生も昔の人の生き様から学ぶこと多し。みたいな単純構造なおかつ内容は深いというドラマからは遠ざかってきまして。それが離れる原因なのではないかと思います。でもまあ、江戸にきてしまったのはきっと坂本龍馬に会う為だったんだろうし、話が集結していくための過程ですから仕方ないけど、最後の盛り上がりに向かってる感じがすごくする。単純ではない話になってきているだけに、視聴者離れがおこってる気がする。それが視聴率低下の原因じゃないかな。でも終わりはすごく上げそう。

名前をなくした女神、なんでこんなに先が気になるのか〜〜〜!!!!
毎回おわるたびにキャラクターに対する思いが変わってくると言う…そんな中ただ一人まったくイメージの変わらない倉科カナの演じるららママ。もう、こいつだけは本当に制裁をあたえられてほしい。いい人になって終わりじゃ気が済まない。ただあの素敵なだっぺおとうさんがいてくれて本当によかった。でなきゃららちゃんはとっても悪い子に育っているはずですから。
それぞれの家庭に問題と救いがあり、いい感じに解決して向き合っていければいいな、とりあえずみんなお受験やめればいいんじゃないの。


鈴木先生はすごく見る人を選ぶけど、今までにない試みでいいと思う。ただこのドラマが視聴率をとったり一派受けしたりするのは違うな、と思います。
やっぱりここまで見てきて一番すばらしい出来だったのは1話だし。途中からは鈴木先生含め、キャラクターみんながそれぞれ非常に偏りすぎている感じがすごく出てきて。
最後を鈴木裁判で終わらすのか、マンガの最後は蘇美が神になってしまいましてもはやついていける域を超えていましたので、ドラマとして区切りのいい感じを期待します。

とりだめてあったおひさまを一気見。
すごくかわいらしいドラマですね〜!戦前、戦中の女子達のかわいらしさや、はかない恋。戦中にあっても明るいひとたち。
すごく前向きになれるドラマです。朝にぴったり!
こういうのはやっぱりNHKにしか作れないと思う。大事に継承していただきたいノリ。
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

バーコード