忍者ブログ

2010-07-02 01:58

サッカー

サッカー南アW杯日本代表(30日、南アフリカ・ヨハネスブルク)MF中村俊輔(32)=横浜M=は、複雑な胸中を吐露し、この苦闘を今後の現役生活に生かす考えを示した。

 「サッカーの神様にテストされたのかな。これに比べれば02年(日韓W杯の代表落選)なんてかすり傷」

俊輔「日が当たらない時ほど頑張らない…
31歳・俊輔「サッカーは年齢じゃない」
 左足首痛による調整遅れや守備的戦術への転換で、先発の座を失った今大会。「すべて実力。本田みたいに良い選手はどこでも出られる」と飛ぶ鳥を落とす勢いの後輩を認める発言も口にした。

 岡田監督は「彼は本当のサッカー小僧。代表でまたチャンスがあるかもしれない」と今後への期待を示した。年齢的に「最後のW杯」と誓った大舞台は、26分間の出場に終わった。リベンジへ、まだ挑戦を終えるわけにはいかないはずだ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


本当にいい試合だった。
本当に最後までよくがんばった。
これで勝っても、次の試合ではぼろぼろなんじゃないかと思うくらい、みんな力を出し切って戦っていたように思えて。
走ってたのは日本だし、体力で勝ってたのも日本
4年後はちがうメンバーだけど、日本のサッカーはめきめき上達していると思う!

それにしても中村選手。本当にお疲れ様。
自分にスポットライトが当たらなくなっていく悲しさ、悔しさ、自分はもういらない人間なんじゃないかと思うことは本当につらい。
その気持ちは本当にわかる。
ベンチで座っている時の気持ち、若い選手にマッサージをゆずるみじめさ、怪我がなおっても自分は試合に出してもらえない…
辛いと思う。腐ってしまいそうになると思う。
何もかもなげだして自殺したい気持ちにだってなるかもしれない。
でも。

彼が憧れるカズ選手は、長く現役を続けているわけだけど、カズはそういう泣き言を本当に言わないんだよね。(らしいんだよね)
自分が必要とされない立場になった時も、みじめだとか暗いオーラを出したりとかせず
ひたすら自分を磨いて出番を待った。
そこが違いなんじゃないかなあ、という冷めた気持ちももってしまったのです…。
スポーツ選手はいい時と悪い時の差が顕著に出ると思うけど
誰だって自分は必要とされてないと思う時ってある。
そのときにどれだけ腐らないでいられるか…
本当に難しいことだけど。

中村選手の独白を読んで涙がでそうになりました。
これからもサッカー人生なんだろう。がんばってほしい。
PR

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード