忍者ブログ

2009-12-31 00:57

テレビドラマ10月期総括

最終回まで一通り見ました。
個人的におもしろかった順にならべると

JIN>>>>>>坂の上の雲>>>不毛地帯>>>天地人>チャレンジド>相棒>ギネ>アンタチャブル>東京DOGS=サムライハイスクール>>>乙男>小公女セイラ

てな感じです。

10月期は結局、印象深いのがJINだけになってしまいました。
最後までよくできた脚本とキャラに惹かれましたが、謎が謎のまま終わったので続ける気まんまんな感じがプンプン。続編あるだろうなこりゃ。

坂の上の雲はお金のかかった画面に圧倒されっぱなし。俳優さんも豪華でみごたえたっぷり。力の入ったドラマはそれだけで面白い。ただこれ、続きが来年の年末っていったい…。なの話の展開が思ったより早いのがびっくりです。

天地人はなんだか地味に終わりました。あんまり入り込めなかったなあ。なぜだろう。妻夫木くんの年老いた時の演技に無理がありすぎる。わざと低い声を出す演技が聞き取りずらかったです。

不毛地帯はまだ続いてるけど、これ撮りだめておいたのを一気に見ると面白くってやめられない。続きが気になります。

相棒はなんだか惰性で見ている…。

ギネは続きが気になって見ていました。裁判のあたりが一番の盛り上がりどころだったのではないかな。そのあとがだらだらしちゃった感じ。最終回にいたっては、すべての回想とその後ちょっとみたいな感じで、どうでもよい感が漂い。

アンタッチャブルはなんだかんだで見たなあ。ラスボスが新興宗教っていうのはトリックと同じでした。

東京DOGSが今回で一番がっかりしたドラマかもしれない。キャラそれぞれがあまり俳優さんに合ってない気がする。ちょいちょい入るギャグもなんとなく自分には合わなくて、気がつけば流し見になっていたなあ。

サムライハイスクールは最初が良すぎた分、途中から失速した感じが。最終回はうまくまとまっていたと思います。でもなんとなく盛り上がりに欠けたのはなぜだろう。

来年も面白いドラマがたくさんあるといいなあ。
とりあえず坂本龍馬に期待。
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

バーコード