忍者ブログ

2015-09-17 18:28

安保法可決

ここのところのマスコミの偏向報道には嫌気がさす。
安保法反対の意見ばかり流して、賛成デモはまったく報道しない。
実際、賛成の人の方が多いと思いますよ。ただ、説明が足りなさすぎたと思っているだけで。
反対派の人だって、賛成派の人だって
戦争をしないためにはどうしたらいいか、という対策を考えているんです。
民主党、共産党は反対、反対というばかりで
じゃあどうやって海域を守るの、どうやって移民問題を解決するの、それをまったく言わない。
誰も攻め込もうなんて言ってない。
守るだけなんです。
それさえも出来なかったんです、今までは。
海域に入って好き放題密猟されたって何もできない。追い返すことすらできない。
そのままでいいんですか?
可決されたらすぐに戦争、という短絡的な考えをしている若者はどういう吹き込まれ方をされたの。
デモを見ていると「戦争反対」というプラカードが目立つ。
そこだけを見て、「安保法が通ったら徴兵制が始まって戦争になる」と短絡的に考える中高生などの若い人が多いのではないだろうか。
いや、もしかしたら短絡的にそう考えている大人もけっこういるかも。
それを見越して、共産党や民主党が先導しているようにしか見えない。

とくに今日のニュースはひどい。
日本全国民が哀しみにくれている、すぐ戦争が始まるという報道のしかた。
これが偏向でなくてなんなのか。
でも、総理も説明がなさすぎました。
もっと、国民に対して説明をする会見を頻繁にひらくべきだったのではないか。
国民に声を向けなければならないんです。簡単なことです。
歴代の総理でそれがうまく(パフォーマンスとしてでも)出来ていたのは小泉さんだけだったんじゃないかなあ…
でも実際、小泉さんは政治的にやった事はさらに格差と利権を生む事だらけでしたよ。
それでも支持されていたじゃない。
総理はみんな「声を届ける」という事をしなさすぎる。
なぜこの法案が必要なのか、ふわっとした言い方ではなくハッキリ言うべきなんです。
国際社会の中ではこれが無しではもう立ち行かない事も。
日米同盟に頼っていくしか道がないことも。
日本が非常に追いつめられていることも。
今、海域がどういう状況になっているかも。
国の名前を出してハッキリ言うべきなんです。


と、ここまで書いてふと思った。
このマスコミの反対や、一部の国民の反対を大きくとりあげて見せることも
もしかしたら大きな目で見て海外対策の一環じゃないのか?
あまりにナショナリズムに走ると、アメリカだけは喜ぶけどぜんぜん喜ばない国もたくさんある、ヨーロッパ含め。
けど、国内には反対もこれだけいるんだよ、というのを大きく見せることで
国内が分断しているように見え、決して強くは出られないだろうと思わせることもできる。
ある意味、ガス抜きにもなるわけで…
端から見れば非常にバランスがとれていて、どちらかに偏りすぎない国家として映るかもしれない。
そこまで計算済みで、この状況を放置しているならものすごい策士と言わざるを得ないかも…

まあそれはないか。

日本も多民族国家になってきたんですね、そして今後はもっとそうなっていくのかも。
とにかく私達は戦争はしない。そして、どの国とも交流したいし
文化を尊重して、旅行も行きたいし、お互いに楽しみたい。友達も大切にしたい。
そういう「実」の面と、個人ではなく国として考える「対面」の
両方を考えていかないといけないんです。
個人の問題と国の問題は別なんです。
中国の方がよっぽどそれが出来ているじゃない。
なぜ今の日本ができないの。
PR

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード