忍者ブログ

2017-04-22 09:23

「そのくせ私が選ぶと、それが世界で一番いいものみたいな顔をして」

菜の花の彼、77話!
もう、もう、すごくよかった!今まで読んできてよかった!!!
今回は本当にもう言葉にして感想書くのやめようかなって思うほどぐっときます…!
泣けた、泣けたよ…鷹人〜〜〜〜
ネタバレあり以下↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
































次回センターカラーなんですが、最終章突入!の煽りがあるあたり、もう終わりが近いんだなって思います。
でも今回が最終回でもいいんじゃないかってくらい(厳密に言うと伏線まだ回収してないからダメなんだけど)
それくらい盛り上がってクライマックス感がありました。
雑誌で「最終章」と煽ったりする場合、連載の場合は残りコミックス1冊分な事が多い。
最終回「間近」っていうとあと2回くらいなんですよね。
なので計算からすると、菜の花の彼はあとコミックス1冊分かなと。全部で14巻って事なんだろうと思う。
夢中になって読んできた漫画が終るのは寂しいもんですね…。でも喪失感とは別に、終わりにむけてまだどうなるかわからない、先をよませない展開にドキドキします。
タイムワープして先を読みたいと何度思ったか分かりません。


とにかく今回。もうすごく良かった。
途中まで緊迫感がすごくて、だんだん前の花畑の約束や、文化祭で作った花畑の記憶とリンクしていくけど
時系列がバラバラで、隼太の顔もはっきりしなくて、すごく映像が薄い。
混乱してる菜乃花
そして鷹人だけに見える2年前の菜乃花の幻影
この二つが重なった時に菜乃花から発される言葉は、鷹人が一番触れてほしくない部分を問いつめるものだった。
お姫様抱っこをナチュラルにしてくれたり、雨の中で倒れそうになる菜乃花をギリギリで抱きかかえたり、こまかく鷹人の萌えがありつつも
二人のやりとりは緊迫感にあふれてて、どう見ても「ああもうこの二人の恋は終わりだな」と思わせる流れだった…。



だけど。
2年一緒にすごし、昔は見えなかった鷹人の姿や、変わった鷹人の姿を見てきた菜乃花は恋をしてた。鷹人に。
鷹人が白状した時「しそう」「鷹人くん、そういう事考えそう」
って冷たく言い放った菜乃花。
これってもう鷹人の悪い面も全部わかってる。けどそれは最初に菜乃花が鷹人に魅かれた部分でもあり、つきあっていくうちに苦手になった部分なんです。
つまり、情熱的で激しい
鷹人の根本的な部分なんですよね。
昔は突き放した菜乃花。でも今回は受け入れた。
それも、長所だと。
なぜなら本当に道をふみはずすような事はできないとわかったから。純粋な情熱の面をくみとって見れるようになったから。



途中で菜乃花が語る鷹人の描写がもう、すごくよくて。


 鷹人くんて なんでそんななのかな
 執着するほどムキになって ダメな選択ばかりするの
 私の為に何かを選ぶのもすごく下手。
 覚えてる?最初のクリスマスプレゼント
 気に入らないと分かるとふてくされて捨てるって言ったあのバッグ
 あれから 私へのものは私に選ばせてばかりで
 私の好みを考えて選ぶのが億劫なのかなと思ってた

 …そのくせ 私が選ぶと
 それが世界で一番いいものみたいな顔をして




きゅーーーーーーーーーーーーーーーんんん!!!!!
もう、ここ。すっごくいい!!!鷹人の全てを現してる。
いいもの選んだぜっていう幸せそうな、それでいてちょっと得意げな鷹人の顔!!!
もう、もう、これなのよ!!!
文化祭のハンカチの時と同じ、鷹人はずっと純粋で。


そこでもまだ、もう鷹人に望みはないなって雰囲気なんです。
だけど…!次の次のページから空気が変わる。
ここ、もう部分的に抽出して見せるより流れで読んできてここにたどりつく方が、絶対感じることが変わってくると思いながらも
いいシーンすぎて載せてしまいます…。












もうボロボロ泣きながら読んでました。
こんな美しいシーン、ああ〜アニメにならないかな〜〜菜の花の彼。
雨と、表情と、背景と。
絵の画力あってこそのシーンなんでこれがベストかもしれないけど、動いて音楽がついたらもう号泣だろうなあ。


でも、選択が下手だった鷹人は最後の最後で下手じゃない選択をするかもしれない、と思わせる伏線のような伏線でないような感じもします。
ラストでとうとう烏丸が目覚めたので、このまま終るわけがないし、隼太もそろそろ登場しそうだし…。
菜乃花が鷹人に向ける恋心は、聖母のような、慈しみの気持ちが大きい感じもするんですよね。
隼太に向けた恋する顔と同じ目をしていても、表情は慈愛がまじっている。
二人の彼に対して、同じ気持ちで恋をしている訳ではない事がわかります。
だからこそ最終的には隼太になるのかなと思う。
どちらへの気持ちが本当の恋なのかという観点ではなく、それはどっちも恋心だけど、どっちの恋心を菜乃花が選ぶのか、という事になるのじゃないかと。
鷹人に言った「選択」という言葉が鍵になる。
そんな気がします。



鷹人が好きな人にとってはもう、最高の回でした。ありがとうございます桃森先生鉄骨先生!!!!
こうなると本当に隼太の登場が楽しみです!!!

PR

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

バーコード