忍者ブログ

2018-02-12 21:00

愛が死ぬのは君のせい 桃骨コンビのどえらい連載が始まった!

桃骨コンビの連載第2作目「愛が死ぬのは君のせい」が始まりました〜〜!!
さっそく感想です。
普通の学園ものはやらないだろうな〜とは予想してたけど
正直、想像していたよりずっとエンタメでずっと面白かった!そして衝撃的でした!!!
これ少女漫画でやるのは結構画期的なんじゃない!?
一言で言うとジャンルはSFファンタジーなんです!

1話ってだいたいなんとな〜くキャラが出てきてこれから物語がはじまるよ〜みたいな感じなんですが
もうこれは1話から面白いと思いました!
菜の花も1話だけでよみきりみたいな充実感があったんですが
これはよみきり的な感じはないけど1話だけで話が大きく動いて、起承転結が存在しているんです。その上でどうなるの?という引きがある。
このあたりジャンプなどの少年マンガの第1話の作り方を思わせます。
少女漫画だと田村由美先生のBASARAの1話目を思い出しました。1話で話が動いて大きな事がおこり、どうなる?と思わせるみたいな形。
やはり鉄骨先生のストーリー作りはうまいですね。
菜の花の特徴でもあった心理描写の丁寧さもちゃんと入ってるし。

そんでもって桃森先生の絵!!!画力すごくないですか?
菜の花が静の絵柄だったのに対して、今回は完全に動の絵柄です。
動いているし、表情が豊かだし、活発だし、何よりアクションがいっぱい。
作品ごとに絵柄をちょっと変える先生なんですが、今回の絵はかなり上手く感じました。活き活きしてるし、主人公がくるくる動く子だからかな。綺麗というよりかわいい系だしね。
友達もなんだか面白い感じです。
顔はもちろん綺麗だし表情豊かなんですけど、身体がちゃんと動いていてしかもデッサンしっかり、自然に描けている人は少女漫画では少ないと思うんです。
だいたいの作家さんがちょっとお人形的というか、棒のようにグラビア的に立っている絵を描くのが少女漫画、って感じがするんですね。
でも桃森先生の今回の絵はアクションが多めで、躍動的。画力の下地がかなりしっかりしてるからこその絵を活かしてる。(だからこそ菜の花の時もちょっとエッチなシーンが非常に臨場感あったというかリアルで良かったんですけどw)
今後もこういった動きの多い、アクション多めの展開になっていくのかもしれない。
男子に関してはもう美形で言う事ないですね!てかちょっと鷹人さん入っててモロ好み…(じゅる)
でも鷹人よりひねて無くていい子っぽい(今のところは)。不器用なところとクールなところは、隼太というより鷹人タイプかな。
この子がずっと抱えてきたものがあまりに大きすぎて、それがどれだけ主人公を守ってきたかって考えると
切なくていい男な感じが満載です。
なのに…!!



割れたよ!!!!!



衝撃的すぎる。
割れたのを力ずくで「パシィン!」とくっつける主人公の勢いも好きですw
何も言えなく怖くて固まるのが普通の女のコって感じですが
そうではなく行動してしまうあたり、この主人公のキャラが如実に表現できてると思いました。
なんか好きだなあ!
そこにのっかるモノローグも美しくて切なかった。
思えば序盤で出たアームレスリング部も面白ギャグシーンではなく、ちゃんと伏線になってるんですね。
たぶん子供の頃の事件で、あの力を授かったか残ってしまったかなんだろうな。

今後、一墨がどんな風になるのか気になりますが、最後に乗っ取った奴は
一墨とは真逆のキャラっぽい。これがどんな存在になるのか。
主人公の愛生と、一墨という一人の中に存在する二人との三角関係になるのか(という形式自体変わってるけど)
はたまたもっと壮大なSF物語になるのか
どちらにしろ恋愛はちゃんと主軸として存在する物語になりそう。
ラブコメとして始まってるけど、後半の展開や見せ方の緊迫感、シリアス展開から見るとラブコメだけでは終わらなさそうな感じといい期待しかない。
主人公が能動的なので、展開も早そうです。
でも切ない要素も多分にあって、これもしかしたら泣ける系じゃね?とも思ったり。
ラストのキャラが一癖ありそうなので、愛生と一墨の関係や会話がどうなるかも含め、2話からが楽しみです!


タイトルが「愛が死ぬのは君のせい」ですが
主人公の名前は愛生(あおい)
そして幼なじみの男子は逢沢 一墨(あいざわ いすみ)
主人公は名前に、男子は名字に「あい」が入ってる。
ということは死ぬのは主人公とは限らず男子の方かもしれず。さらに主人公は愛を生むという名前。
タイトルだけにしても愛という精神的なものが死ぬという意味なのか、実際に体が死ぬのか。
君のせいの君とはあの光のことなのか?
いろいろとまた考察したくなる物語になる予感がします。


追記
前号の予告のカットと、主人公の髪型が変わっていますね。
今回はその髪型だけを変え、色は完全に全体を変えたものが雑誌表紙にカットとして使われていますが
それもなんとなく本文のキャラのイメージと違う。
扉のカラーは完全にイメージ一致なんだけど。
これは予想でしかないですが、もしかしたら予告を描かれた時と、いざ本文を作ってからではキャラやストーリーが変わってきたのかもしれない。
もしくは急遽変更したか。
カットの方はどちらにしろ愛生がおとなしくて大人っぽい感じなんですよね。
でももっと活発でくるくる動く感じです。髪型もおとなしくないw

11話の感想からブログひっこします。アメブロへGO

「愛が死ぬのは君のせい」9~10話の感想へ

「愛が死ぬのは君のせい」8話の感想へ


「愛が死ぬのは君のせい」5話〜7話の感想へ


「愛が死ぬのは君のせい」2話〜3話の感想へ

「愛が死ぬのは君のせい」1話試し読み

ブログカテゴリは「愛が死ぬのは君のせい」になります
PR

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード