忍者ブログ

2012-08-14 15:24

ドラマ7月期 中盤

ドラマもそれぞれ中盤にさしかかってきました。
今の所、個人的に面白い順にならべると

梅ちゃん先生>>>GTO>>黒の女教師>>>>リッチマン、プアウーマン=浪花少年探偵団>ゴーストママ捜査線>>>息もできない夏=トッカン=ビギナーズ!>>>東野圭吾ミステリーズ>サマーレスキュー

となりました。

梅ちゃんはもうキャラに思い入れがあるから、話がだれていても気にならない。これこそ朝ドラ。でもここが肝心で、好きになれるキャラを作れるかどうかってことが朝ドラで一番大切なことで、ここを見事に成功させていると思います。

GTOはつまらなくなるわけがないというか、原作通りやってたら失敗はしない。それにアキラさんが思いのほか鬼塚にあっているんですよね。反町版よりいいかもしれない。ただ時代のせいなんでしょうけど、過激さが減っています。たとえばアイドルオーディションなんてブルマとぴちぴち体操服で出たりするんですけど、そんなの無くてただ歌の演出になってたし。その歌があまりうまくないのに皆が感動するからちょっと白けてしまいました。

黒の女教師は以外と夢中になりました。必ず成敗されるあたりが気持ちいいし、悪者がものすごく悪く描かれている。屑っぷりに容赦がない。このやりきってる感がいいですね。ただやはり主役の凄みがまったく足りず、迫力がありません。脚本はすごくいい。

リッチマンは最初よかったのにどんどん失速、というか目的がわからなくなってる。出生の秘密もとけたし、石原さとみはまったくプアウーマンではないし、何より東大ということが全然生かされておらず、頭の悪いそこらへんの無能女子学生みたいに見えます。設定が死んでる。とにかくこの主人公の女の子が好きになれません。共感もえられないんじゃないかなあ。いつも天パッてるようにみえるし、おどおどしてると思いきや合コンではしゃいだり、誰にも良い顔したり、テンション高いし、役にたたないし、卑屈だし、キャラが最初とぶれまくりでどんな人物なのか見えてこないというか、ただの無能なおせっかいやきにしか見えません。しかもそのテンションの高さとごまかし笑いがすっごくうざい。このキャラを好きになれる人なんているのかな?石原さとみはすごく良い役者で、演技の幅も広いだけに、使い方がもったいなさすぎる。彼女の魅力をここまで死なせる役って悪い意味ですごすぎる。最初は東大というプライドや、私にも出来る事があるっていう意地をちょっっっぴりでも見せたりしてたのに今は皆無です。

キャラの魅力のなさという意味ではサマーレスキューも同じです。ヒステリックに怒鳴り散らす事はなくなったもののもう時すでに遅し。尾野まちこがやっているキャラを好きになることはもうできません。向井理にしても同じ。信念が見えないし、最初とぶれぶれ。ストーリー的には退屈なものなので、何も見所が無いというか…。でもキャラさえ好きになれれば話が退屈だって見て楽しいんですけどね、梅ちゃんのように。そうでなければキャラはとにかく、ストーリーでひっぱっていく事が必要なのに、そこも先が読めるというか意外性がないというか。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード