忍者ブログ

2016-10-15 00:28

メモ 個人的2016映画前半〜10月

2016年に見た映画10月まで、個人的に面白かったものメモ

1位 シン・ゴジラ
 …シナリオ、演出、日本が抱える問題のメッセージ性、全てが日本人にとって満点
2位 ズートピア
 …動物におきかえた人種問題、自らのアイデンティティのあり方、脚色のうまさ、エンタメ度の高さ
3位 ハドソン川の奇跡
 …シナリオの良さ、王道を王道のままに、ヒューマンドラマとして見せるうまさ
4位 君の名は
 …絵が綺麗、飽きさせない盛りだくさんの設定と展開、古い題材を今風にアレンジした新しいアニメ映画のあり方
5位 レヴェナント
 …映像が凄まじく素晴らしい、映像監督とスペインの作家二人の芸術性の高さ、鬼気迫る演技力、お金をかけたハリウッドならではの映像美がSFやファンタジーではないところでも作れる
6位 オデッセイ
 …シナリオがいい。主人公のキャラがいい。専門性が高い
7位 シビルウォー
 …アクション映画として飽きさせない面白さ、ギャグは全て排除しシリアスな問題に真っ正面から取り組んだヒーローもの
8位 ファインディングドリー
 …道徳的な映画として親が子供に見せたいだろうと思われる。わりとテーマがブラックでシビア。
9位 ブラックスキャンダル
10位 ブリッジオブスパイ

PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

バーコード